ツインレイ自分らしく幸せに生きる

   ツインレイとして生きる私の人生の軌跡。このブログが自分らしく互いを尊重して幸せに生きる人生の、道しるべになれば幸せです。  

ツインレイ本来の自分を思い出し生きる時

 覚醒とは本来の自分を思い出すこと

 

 今からお伝えすることは私の経験に基づいたことでありますが、これらは私や「ツインレイに出会った人」が特別なわけではなく、一人一人が本来持っている「宇宙(世界)と調和した自分」が感じる得るものであることをはじめにお伝えしたいと思います。以下私の経験からの話となりますが、ご自身も同じこの「宇宙(世界)」の存在であるという認識でお読み頂ければと思います。

 

 私はツインレイの片割れと再会した頃から、海外ブログ

https://www.twinflames1111.com/blog/weekly-energy-update/29th-june-5th-july

で紹介されている占星術の星の動きと連動して覚醒してきました。それは自分が宇宙のリズムや流れと調和しているために、星の動きと連動しているからなのだと認識しています。(私がこのブログで記す星の動きや宇宙の流れは、このブログ占星術のブログを参考にし、自身の感知するエネルギーを言語化したものです。)

 人もこの世界の一部であり、全てであると言えます。言うなれば自分という存在が宇宙の存在であり、宇宙は自分と同じ世界であるということです。東洋思想ではそれを小我と大我、小宇宙と大宇宙と表現したりもします。

 自分という存在が自分個人の枠(小我・小宇宙)を超えて、生きている世界(大我・大宇宙)を包括した意識となるとき、人は自分の可能性を宇宙大に広げることができます。その意識の拡大により意識の次元上昇をして、その意識での思考や行動をするとき、人生の次元上昇、意識のある次元でのグラウンディングをするということを、私は片割れと再会してからの次元上昇の中で経験して思い出しました。

 

 この「思い出した」ということが今回のブログのテーマにつながります。

 私は生まれ育つ中で人としての社会性が芽生えるとともに、今まで「人として」人生を開こうとしてきました。自分の理想とする自分でありたい、理想とする生き方をしたいと思い、そのためにどうすれば良いか思索し、そのように生きる挑戦をしてきました。それは間違っていることでもないはずなのに、なぜか息苦しさを覚え、本来の自分を否定したり押し込める生き方となっていきました。そんな私がツインレイの片割れと再会した時、本来の自分を抑えることに限界がおとずれました。それは今思えば、再会したから限界がきたのではなく、本来の自分を抑えて生きることが限界な自分になったために迎えた再会なのだと今は わかります。

f:id:havealight:20200704173950j:plain

本来の自分を思い出す

 生まれた頃は本来の自分で生きていたはずですが、その自分ではこの世界を生きづらく、ずっと本来の自分を封印して生きていたのだと思います。けれどもそんな日常の中では私は本当の幸せを実感することができずにいました。それは、本来の自分の幸せよりも家族や周りの人々や社会に合わせること、それらの幸せや安定・調和を優先した生き方だったからです。

 

 私とツインレイの片割れとの出会いは、私がそんな周りの幸せや社会の常識とする安定や調和を優先して生きる人生に限界を感じた時におとずれました。今思うと出会ったその瞬間から覚醒は始まっていたのだとわかります。それは今の私がツインレイという概念や存在を理解し、日々実感しているからです。けれども当時の私はツインレイという言葉さえ知らず、当時の自分の人生を維持することが本当の自分の生きる道だと思っていたため、無理に無理を重ねてその人生を維持しようと努力・挑戦していました。その努力・挑戦をすればするほど本来の自分から遠ざかり、心身ともに病んでいきました。そしてその人生で生きることの限界を迎えた頃、片割れと再会し、本格的な覚醒が始まり、本来の自分を取り戻す日々が始まりました。それが私の覚醒と次元上昇(アセンション)の軌跡です。

 

地球のアセンションとは この世界が本来の自分で幸せに調和する世界へシフトすること

 

 今、私のように個人で覚醒・次元上昇を自覚し始めた方が多数現れる時を迎えています。その自覚のある人は、本来の自分に向き合うことや、本来の自分を取り戻すことに意識が向き始めていることでしょう。それはこの世界の自然な流れであり、宇宙のリズムや流れに調和していることの現れでもあると思います。そしてそれこそが地球のアセンションの時の到来を告げるものです。

 

 私はずっと、「アセンション」「次元上昇」などということは精神世界を語る人たちの特別な思考・思想・概念だと思っていました。それらは よくわからない現実離れした発想だと思っていました。そんな私が片割れと出会い、再会する中で「覚醒」と言われる経験をし、「これは何事???」と驚きと不安に駆られてインターネットや書籍などで自分の経験したことを検索したところ、それが「覚醒」というものだと気づきました。そして覚醒しながら自分と向き合う中で、本来の自分を取り戻す過程を経ていくうちにそれが「次元上昇」というものだと気づきました。元々「アセンション」したいとか「覚醒したい」とか望んでいたのではなく、自分がそういう過程に生き始めて自分の状態を認知したらそれが「アセンション」「次元上昇」「覚醒」であったということです。「ツインレイ」の言葉すら知らなかった私が、自分におとずれた現象を調べる中で「ツインレイ」という概念を知り、次元上昇するうちに自分と片割れがツインレイであるということを自覚し確信を深めてきました。

 

  宇宙と自分自身の調和

 片割れと再会した頃に知った占星術のブログにある星の動き(前出)と自分の覚醒が連動していることも、そのブログを読み始めて気づきました。そのブログを読まないでいて後日読んでみると、星と同じ動きをしていたとわかることもしばしばです。そして覚醒して本来の自分を取り戻した今、私の感じるエネルギーの流れやメッセージが、星のそれと同じであることもわかりました。なのでこのブログでその占星術を基にしたお知らせをすることと、私の感じている宇宙・この世界のエネルギーの流れまたは受け取っているメッセージはほぼ同じであると言えます。

 

f:id:havealight:20200704174301j:plain

生きる世界を選択する意識が自分の生きる世界と人生を変える

  今の自分の意識と決意が未来を作る

 

 同じ現実であっても、それに対する認識が変わると自分の現実が変わります。物事の捉え方が変わると、それに対する自分の感情も変わります。感情が変わると思考も変わります。思考が変わると言動が変わります。言動が変わると、周りの自分に対する反応が変わります。そうすると自分の目の前の現実が変わります。自分の意識が現実を変えていきます。意識が広がり物事を捉える視点が高くなることで、生きる次元が上がることを西洋思想では「アセンション」「次元上昇」と言います。また東洋思想では「依正不二」「現当二世」と言います。自分の意識が変わるとそれに連動して現実が変わるということです。また、「過去」はその「今」を招いた原因であると認識し、「今」が「未来」を創るという認識で「今」をどう生きるか責任を持つ生き方が「現当二世」の人生です。それは過去のカルマや因縁と言われるような、自分や先祖の過去の行いがどうあろうとも、現在を自分の生きてきた結果であると真摯に受け止め、反省や学習をしたら、これからどういう人生を生きたいのかを明確にしてその人生に合う現実を生きるという生き方が「現当二世」の人生です。

 

 本来の自分で生きることは、観念や概念に関係なくリラックスして幸せな自分の人生を選択することです。それは自然な自分のありようであるため、宇宙(世界)の中での自然な自分の姿です。なので宇宙(世界)と調和した存在でいられ、それは本来の自分らしくリラックスして健全で幸せを受け取る人生に繋がります。

 本来の自分の幸せな世界とは、自分が無理をせずありのままで幸せでいられる世界です。自分の幸せな次元がどこであるかで、人それぞれ幸せな人生も違います。幸せな次元とは幸せを認識する視点とも言えます。人それぞれ、どの視点で物事を捉え認識するかが違います。自分の自然な視点で物事を捉え認識してそれに合わせた人生の選択をするとき、人は本来の自分に合う幸せな人生を生きることが可能となります。

 

 本来の自分を思い出すことは、自分の本来の幸せな世界を知ることでもあります。その世界を生きると決めた時に意識はその世界へシフトし、その世界に合わせた言動をすることで生きたい世界にグラウンディングします。

 

 本来の自分が幸せなことを選択する

 

 私は幼少の頃から自分と世界の幸せの区別があまりなく、周りの幸せが自分の幸せであったりしてきました。本来の自分を思い出し、その自分を尊重できた時に、自分を大切にすることができて、ようやく私は世界の幸せと同じに自分らしく幸せであることを受け入れることが自然である人生へシフトすることができました。

 まずは本来の自分が幸せであることを選択する。それが幸せで調和した世界に生きることにつながるということを、私は彼と再会して経験することができました。

 これはツインレイと出会った私だけの経験ではなく、人は それぞれのタイミングで「本来の自分」を思い出し、その自分で生きることを自分に許可する時がおとずれます。その時がきた時に「本来の自分としての人生」を選択するもしないも一人一人の自由です。ただ私が今言えることは、本来の自分で幸せな人生を生きることは、この宇宙(世界)と調和した自然な理であるということ、そして今この時、宇宙の流れは、あなたが本来のあなたの幸せな人生にシフトする後押しをして追い風となっているということです。

 

 どんな人生を生きるも、いつ本来の自分を取り戻してその自分での幸せで健全な人生にシフトするもしないも、あなたの心一つです。本来のあなたを大切にすることは この世界の最善です。それはあなたの生命を大切に尊重することであるからです。だから宇宙はあなたが本来の自分を取り戻して幸せに生きることを後押しするのです。

 

 コロナビフォーアフターが言われるこの時、人々の意識の変化とともに世界のシステムや思考の流れも変化しています。それは地球全体のアセンションの時の到来、世界の意識の次元上昇へ向かう時であると私は認識しています。意識あるものの自然の流れであると思います。生命は成長し、それは変化を伴っていくものだからです。

 

 本来の自分のアイデンテティーグラウンディングする時

 

 星の動き、宇宙の流れとしては、6月30日・7月1日にエネルギーの大きな変化があり、宇宙エネルギーは私たちの最高の善である完全な調和を回復するために働きます。それは今までの「カルマパートナー」との関係の解消など、自分自身の課題からの卒業、今までのロウアーセルフの自分の解放、卒業の時です。それは過去を解放し、明るい未来を開く人生の始まりの時と言われています。7月5日には6月初めからのチャプターが終了し、自分自身のアイデンティティーの見直しと、新しい人生を生きる自分としてのグラウンディングの時です。それは個人や集団として、自分自身の人生の作成者であることを自覚し、受け入れる時でもあります。そうして本来の自分を思い出し受け入れることで自分自身が癒されます。それは新たな力となり、本来の自分を取り戻して生きる人生を開くでしょう。今週の強力なエネルギーを活用して、行動を起こす時、あなたの現実の日常があなたに優しい明るい未来へと開けていきます。生きたい世界を実現するための自分自身の選択と調整の時です。

 

 あなたは今これからの世界を、今の自分自身が生きたい世界を、創ることができます。変化は先行きが見えないぶん不安を伴います。本来の自分の可能性を信じること、生命の可能性を信じること、それが生きたい自分の世界を創る力となります。「本来の自分が生きたい人生を生きる時」は、あなたがそう生きると「決める」ことから始まります。

 

 

ツインレイからあなたへ心の師となり本来の自分へ

 新しい時代の始まり

 新しい時代の幕が開きました。今までの自分を過去に置き、新しい時代を本来の自分に戻って、軽やかに自由に幸せな世界を生きる時の到来です。

 

 クラウンチャクラのアップグレード

 はじめに占星術からのインフォメーションをお伝えします。

 

 2020.6.23〜11.28 私たちの信念、霊性、直感のアップグレードの時。あなたの生きたい人生にシフトする時です。

 2020.6.25 あなたの望む人生に合わないものを手放す時がおとずれました。

 2020.6.27 新しいサイクルの始まり。あなたの生きたい次元で、生きたい次元の人たちと共に生きる時の到来です。あなたが本来のあなたを現実世界で顕し、本来のあなたが生きると決めていた人生を創造し、そのための変化を起こすのに良い時です。今、自分自身の本望を思い出し、生きたい人生を生きると決意して、行動する時が訪れました。それは最高の善。カルマの解放の時です。

 自分のやりたいことをやる時。男性ツインレイも再起動する時です。あなたが望むことがあなたの今世の使命となりえます。それはあなたが本来の自分に立ち戻り、あなた本来の幸せな人生を生きると決めることから始まります。

  これは宇宙のリズム。調和した世界を自分らしく幸せに生きたいと願うならば、今この時がチャンスです。宇宙のリズムは今、あなたの本当に生きたい人生の追い風となっています。

 

ここまでの参考ブログはこちらです。⇩

https://www.twinflames1111.com/blog/weekly-energy-update/22nd-28th-june

 

 ではそのためには具体的に何をどうすれば良いのでしょうか?

 

 生命の可能性を信じる

 自分らしく元気に幸せに生きるために一番必要なこと、それは自分の生命の可能性を信じることです。

 今までの世界では、目の前の現実を見て、状況を判断し、それに合わせてベターな生き方を選択することが多かったと思います。それは自分と他者や周りの状況を照らし合わせて、自分の可能と思う範囲で最善と思う選択をすることだったでしょう。

 けれどもそれが「生命の可能性を信じる」ことができないで、目の前の状況に合わせて判断であったなら、それはどこかに「今あるものを損失するかもしれないという恐れ」や「最善になるかどうかわからない不安」を伴うものであることが多かったと思います。それは言うなれば「心を師とした」状態です。それはエゴの声を聴き従う判断です。エゴの声は他者と分離した自分を守ろうとする防衛本能から発せられます。それに従うも従わないも、「心の師」となって判断することが、本来の自分の幸せにつながります。

 

 恐れや不安からの判断は、新たな恐れや不安を生みます。それに囚われて、本来の自分の望むものを選択することに恐れや不安を抱き、躊躇して、慣れ親しんだ、または周りのみんなが選択しているものを選択することで、永遠に本当に望む自分の行きたい世界へスフトできずにいる。それが今までの人生や世界であることが常である時代を経て、今、生命の可能性を信じる「心の師」となる時代が到来しました。

 

f:id:havealight:20200628230909j:plain

新しい時代の到来

 

 生命は調和する

 生命は本来、調和した存在です。恐れや不安が多い状態では、生命もその状態に調和します。するとその生命に合わせた世界のバランスとなり、恐れや不安に満ちた世界が構築されます。人間の恐れとは、生きること、老いること、病(心や身体、社会の病)、死にゆくことへの恐れであり、不安はそれらに対する自分自身の無力感からおとずれます。

 

 生命の可能性を信じるとき、人は自分や人間の善性を信頼することができます。その信頼からの判断や選択は、安心と覚悟を生み、結果として現れた現実を最善のこととして受け入れることができます。それが自分の欲しい現実と合わないなら、その時点でのそれは最善であり、そこから現実の見直しをして軌道修正して、望む幸せへ向かうことができます。

 

 現実の見直しは、自分の心がどこを向いているかを見直すことから始まります。自分が望む幸せではない結果がその時の最善だとするならば、それは自分の心が恐れや不安から選択したことの結果であったり、生命(ありのままの自分や他者)を尊重したり受け入れることをせずに無理をしていたことの結果であることが多いと思います。それに気づくための結果であると受け入れた時、現実の見直しが完了し、もう一度そこから生命の可能性を信じ直しての選択をしていくことで、本来の自分らしく望む幸せな人生へ軌道修正することができます。そしてそれは自分の行きたい次元の世界に自分の人生がシフトすることにつながります。

 それらのことを世間では「カルマの解放」「次元上昇」「エゴの手放し」、または「トラウマの解消」「インナーチャイルドの癒し」「自己肯定」「自己実現」などと言うことが多いですが、ありのままの自分で本来の生きたい人生を生きるためには「心の師となる」ことが重要です。

 

 様々な師や処方箋との出会い

 人は自分に自信がなく、現実を早く改善したいときに、他者やツールの力を頼みにして現実を理想に近づけようとしがちです。それらの存在は医者、カウンセラーやセラピストをはじめ、コーチ、メンター、ヒーラー、チャネラーなど多岐にわたります。またそれらが紹介するツールや物品、薬やホルスティックなものなど様々なアイテムがあります。

 人はそれらを自分の心身の健全な状態を得るため、または望む幸せな状態を得るために求めがちです。それらはそれぞれの役割があり、一概に否定したり肯定するものではありません。それらを正しく利用できれば、あなたの求める本来の自分の幸せへのプラスになることがあるでしょう。

 けれどもそれらを利用するときに気をつけるべき大切なことがあります。

 それは「心の師となる」ことです。「心の師となる」とは、まず自分自身の生命の可能性を信じること。それは「ありのままの本来の自分自身で、心身ともに健康で幸せに生きることができる」ということを自覚し信じることです。そして「ありのままの本来の自分自身で、心身ともに健康で幸せに生きることができる」ということを基準にした判断をし、その通りに選択・行動することでが「心の師となる」ということです。

 それなしに頼みとする存在のいうことを鵜呑みにして従うことは、「その人が言うことを信じていれば幸せ(楽)になれる」と依存することです。自分の生命の可能性を信じきれずに他者に従うことは、恐れや不安からの行動であり、それは新たな恐れや不安を生み、解決したと思ったらまた新たな悩みや病に陥るということになりかねません。

 信じる相手や物事を判断し、活用するには、まずは自分自身の命の可能性を信じることが大切です。それなしでは自分以外のものに依存し「心を師とする」人生となっていきます。

 

f:id:havealight:20200628231159j:plain

心の師となる

 

 心の師となること

 自分の生命の可能性を信じること、そんな本来の自分で幸せに生きることが自身の人生と世界にとっての最善につながります。(なぜ最善につながるのかは、また後日記事にしたいと思います)自分自身の可能性を信頼することは、最善の人生へ向かい自立した健全で幸せな人生に必要なことです。それなしでは、人は他者や自分以外の物事に依存したり、常に悩みな不安、不満の中で生きる人生になりがちです。これについてはまたの機会に具体的にお話ししたいと思います。

 まずは本来の自分自身の生命の可能性を信じること、それが健康で幸せな人生にとって非常に大切なことです。

 

 地球全体が次元上昇するこれからの時代、宇宙と調和してその追い風と共に、本来のあなたらしく元気に幸せに生きる次元へ上昇する時が到来しています。まずは自分と他者の生命の可能性を信じて、本来の自分の生きたい人生、生きたい世界がどんなものであるかを思い出してみてくださいね。

 私は、「あなたがあなたらしく元気に幸せに生きることは世界の喜びであり、最善である」ということを信じて、その実現を心から願っています。

 

 

 

 

 

ツインレイからあなたへ新しい時代次元上昇の時

 星の動きは宇宙のリズムと調和しています。人もこの世界と調和しています。全てはバランス。

 今日は星の動きとこれからの世界の変化、片割れの変化も含めて、私たちがこれからの新しい時代を生きるために大切なことをお話ししたいと思います。

 

 新しく明るい章の始まり

 はじめに、海外ブログの占星術の情報からお伝えします。 

 

 2020年6月21日(日本時間)、新しい時代が始まります。私たちの人生の新しくて明るい章の始まりです。ここから5日間は特に、今までの自分のネガティブな思考や記憶を癒し手放します。5次元の無条件の愛に意識を固定し、本来の自分らしく伸びやかに生きる時代へとシフトします。それは自分も他者も自分らしくリラックスして輝く時代の始まりです。既存の思考モード、コミュニケーション、対話の古いモードを、本来の自分の望むそれらに上書きしましょう。

 今は「新しい地球の時代」の本格的な始動を前に、私たちが物理的にうまく機能できるようになるための重要な時です。この夏至と日食の二重のゲートウェイは惑星の高振動「アップグレード」の主要な最初のものです。

 

(ここまでの記事は こちらのブログの占星術情報を参考しました。https://www.twinflames1111.com/blog/weekly-energy-update/15th-21st-june

 

 

 新しい地球の時代へ

 あなたはこの時をずっと以前から待ち望んでいたかもしれません。今までのあなたは時代に合わせて生きるしかないと半ば諦めて、本来の自分の思考や感情に目を向けることを拒んできたのかもしれません。けれども今、時代はあなたの望む世界へ開きます。あなたが望んでいる本当に生きたい人生へ、あなたの人生をシフトする時が到来しました。宇宙のバランスが変わる時です。

 今までの「生きるため」に必要だと思い込んでいた「世界への恐れの想念」を超えて、「本来の自然な自分で調和して生きる世界」を望む、「無条件にお互いを尊重して調和して生きる世界を実現」する時が到来しました。

f:id:havealight:20200620170236j:plain

新しい時代へ

  あなたは最近、今まで疑うことや逆らうことを避けていた日常の自分の感情や思いが、無視できないようになってきていませんか?それは「あなたの新しい時代に調和した心」の動きです。

 人は一人で生きているわけではありません。通常、人は この世界の人々と意識を影響しあって生きています(集合意識)。その意識は新しい時代を望んでいます。それは搾取されたり奪い合う世界ではなく、お互いを尊重して協力し合う世界の到来です。お互いを尊重するとは、自らをありのまま受け入れて肯定すること、そして他者のことも尊重することです。その上でお互いに協力して調和した世界を生きること。それがお互いを尊重して協力し合う世界です。それをスピリチュアルな表現では「地球が3次元世界から5次元世界へアセンションする」と言うのでしょう。

 アセンションに関しては世間で様々なことが言われていますが、私はそれは人々の「世界に対する認識や意識」が変わり、「今までの世界よりも成熟した世界」へシフトすることだと認識しています。

 

 人類が生まれた頃は、まさに一瞬一瞬が生と死のせめぎ合いでした。それが文明が発達し、安定して食料や衛生・安全が確保できる時代が訪れ、ようやく人は「いかに生き延びるか」から「いかに生きるか」に意識がシフトし始めました。心理学ではマズローの法則、精神世界ではアセンションと言われることなどの「次元の上昇(3次元から5次元へ)」です。次元の概要はこちらをご参考ください。⇩

 

havealight.hatenadiary.jp

 

 次元は意識の次元とグラウンディングする次元があります。

 今までの日々を生きづらい思いを抱えて生きてきた人は、生きたい次元の意識が3次元ではない(5次元以上である)のに、物理世界(現実の生活)を3次元に合わせて生きていた(意識は5次元以上で、グラウンディングは3次元のままである)のだと思います。

 今、世界の意識が3次元から5次元へシフトし始める時です。「新しい地球の時代」の到来です。意識が5次元へ上昇し始め、その意識で皆がグラウンディングしていく中で、物理世界が3次元から5次元へ、アセンションしていく、それが「新しい地球の時代」だと思います。

分離からの恐れの時代から、愛を分かち合う信頼の時代へ。

 

 

 日々生きづらさを感じているあなたへ

 今まで3次元に根ざして生きてきた人の中にも、心の隅で「何かが違う」と感じていた人も多いと思います。

 日常に生きづらさを感じている人は、3次元の生き方が合わない感覚が大きく、生活に支障をきたして心身を病みながらなんとか生きているという人も多い昨今です。そのような人は、この新しい時代の到来が、ようやく自分の感覚に追いついたという気持ちになるでしょう。「今までの生き方」が自分に合わず、無理をして生きてきた人たちは、これから本来の自分の心の声を聞き、自分らしく生きることを自分に許可してください。そうすることで、今まで世間に合わなくて辛い、時には不甲斐ない思いをしてきたあなたが、これからの時代の先駆を切る存在となります。

 人は皆、本来生命に無限の可能性を持っています。それはどんな時も自分らしく輝いて元気に幸せに生きることのできる生命の力です。それを発揮するためには、本来のありのままの自分を肯定し、ありのままの自分で存在することを認め、その自分で生きることを許可することが必要です。もうすでに当然のこととしてそう生きている人もたくさんいます。これからはその生き方が主流になることが時代の流れです。

 2020年6月21日、そんな新しい時代の始まりです。本来の自分に目覚める時です。

 

f:id:havealight:20200620170650j:plain

本来の自分に目覚める時

 追い風の人生へ

 私の片割れも、「ありのままの自分」を肯定し、「その本来の自分でいること」を肯定して、新しい人生へシフトし始めました。それは、今まで生きてきた3次元の視点では、心身ともに辛く感じることかもしれません。けれども本人も心のどこかで気づき始めています。本来の自分を受け入れて、大切にすることが必要であると。それは自分自身の健康で幸せな人生のためでもあり、今まで苦しみながら生きてきたことは、自分という存在が、これからの新しい時代の先駆けであるからだと。

 新しい時代、それは「本来の自分での幸せな日々」、「自他共に尊重して調和する世界」の到来です。

 新しい時代の先駆けであるあなたの周りには、これから始まる時代に合わない「今までの時代の意識」を主とした人ばかりかもしれません。その場合、あなたの思いや意識(本来の自分)は理解も共感もされず、孤独であったり、時には批判されたり罵倒されることもあるかもしれません。

 けれどもそれは、あなたが本来の力を取り戻し、「元気に幸せに生きる人生」にシフトする証です。孤独を感じることがあるかもしれませんが、これからあなたには「お互いを尊重して調和して生きることのできる人々との出会い」が待っています。

 変わることは勇気を伴いますが、変わるのではなく「本来の自分を取り戻す」のですから、勇気を持って「本来の自分で生きる」と自分に許可したとき、あなたは自分を受け入れたことへの安堵と自分への愛情を得ることができます。「案ずるより産むが易し」です。

 

 もしもあなたがそれを必要としない、または今は変わりたくないのであれば、決して無理をする必要はありません。今自分の意識をシフトしなくてもいずれは時代が変わり、本来の自分で生きることが当然である時代へ世間がシフトします。その時にみんなと合わせてシフトしても(あるいはしなくても)よいのです。どのように生きるかは人それぞれの自由です。

 ただ、ずっと生きづらく苦しい日々を自分に強いて生きてきたのであれば、今この時に、宇宙のリズムに合致し追い風を利用して自分らしく元気で幸せな日々へシフトすることは望ましいのではないでしょうか。

 今、新しい時代の始まりの時、宇宙と調和してあなたも共に新しい時代を「本来の自分で生きることを許可」し、のびのびと健康で幸せな日々を迎えませんか?

 

 

 

 

 

 

ツインレイアセンションとグラウンディングは心に寄り添うことから

 前回の記事では「統合する次元」や「物理的な次元」についての詳細を述べました。今日は生きたい次元にシフトするために必要なことや、次元ごとの具体的な人生についてお話ししたいと思います。

 

前回の記事はこちらです。⇩

havealight.hatenadiary.jp

 

 自分らしく幸せな次元がどこかを知り、その次元で自己統合するために、前回の記事で縷々述べましたことを参考にしていただければよいかと思います。

簡単に述べますと、各次元はこのようなものです。

 

☆3、4次元・・・分離意識の次元。個人としての幸せの確保と追求の次元。社会通念に根ざした自立の意識で生きる次元。

 

☆5、6次元・・・ありのままの自分を認め受け入れて、その自分で生きることを許可して本来の自分の幸せを尊重して生きる次元。(自己統合:自身の女性性と男性性の統合)自分も他者も本来の幸せを尊重する次元。

 

☆7、8次元・・・自分も他者もありのまま尊重して、共に協力して幸せで平和な世界を目指す次元。

 

☆9、10次元・・・世界を見守り応援する次元。

 

☆11次元以上・・・世界を見守り愛を送る次元。ワンネス、宇宙意識などの次元。

 

 どの次元が自分にとって居心地が良いか、本来のありたい自分でいられるか、生きたい人生か、人それぞれだと思います。次元に良し悪しはありません。ご自身の一番得たい時間や物事がある次元が、自分らしく幸せな次元であると思います。

 

 私はツインレイの片割れと出会い、自分と向き合う日々の中で次元上昇していきました。

それは本来の自分を取り戻す道程でもありました。私は片割れと共に生きることを目指して自分の中にあるトラウマやエゴから来る恐れやネガティブな思い込み、こだわりや執着を手放して、どんどん次元上昇(アセンション)していきました。その道程はとても辛いものでしたが、本来の自分でいられる次元にシフトしてその次元で物理世界にグラウンディングした今は、心身ともにとても楽で軽やかになり、自分らしく幸せに生きる日々を送っています。

 

  具体的な意識として

 

 3、4次元の意識では、自分と他者を個別に捉え、自分の幸せの確保が一番優先される意識となります。「自分」というカテゴリーの中には、自分の家族、自分の所属する仕事や職場、自分の所属する社会(地域、市町村、国家など)といったものも含まれます。

 生存や安全の欲求を満たすことはもちろん、自己実現などもその意識の中で行われます。

 それは自分と他者を区別して、物事を得る得ない、奪う奪われるといった対立を生みます。

 広い意味でサバイバル、自己の生存・繁栄のために生きる意識です。

 人は長らくこの意識を主流としてきました。それは競争社会を生み、文明や様々な技術の発達や変化を促してきました。

 

 5、6次元の意識では、自己統合をしたため、ありのままの自分を認め受け入れており、それが他者をありのまま尊重する意識を生みます。ありのままの自分を受け入れ認め尊重することで、自分を大切にし自分に愛を与えることができるため、それを他者にも認め、他者をあるがまま受け入れ愛する、または尊重することができる意識です。

 それは他者から得る得ない、奪う奪われるということのない意識です。なぜなら自分はあるがままで良いと認めているからです。

 

 7、8次元の意識では、自分も他者も共に、より安心安全で幸せに快適に生きることを目指します。お互いを搾取するのではなく、協力して共に栄えようとする意識です。

 

 9、10次元の意識では、自分は既に満たされ地球全体を愛し見守り応援するため、どの命も等しく慈しみ、力になろうとする意識です。

 

 11次元以上の意識では、地球という存在にただ愛を送り、そして地球を含めた世界全体と意識が一体となります。全ては自由自在で調和しています。

 

 さて、あなたはどの次元が一番居心地が良いでしょうか?

 その居心地の良さは、今まで慣れ親しんできたことからのものでしょうか?それとも本心から幸せを感じるからでしょうか?

 あなたの生きたい次元はどこでしょうか?

 それは今の自分と合致したものでしょうか?

 もしもあなたの生きたい次元と、今いる次元が異なるなら、あなたの生きたい次元に人生をシフトすることは可能です。

 

f:id:havealight:20200613220518j:plain

あなたが生きたい次元は?

 

  あなたが生きたい次元はどの次元?

 

 もしもあなたが今、生きたい次元ではない次元で生きているとしたら、生きたい次元にシフトするために、まずあなたが生きたい次元がどの次元であるかを自覚します。

 あなたはどの次元で生きたいですか?

 あなたはなぜその次元を生きたいのでしょうか?

 あなたがその次元に生きることは、あなたにとって幸せなことでしょうか? 

 

 これらの問いの答えが、「それは ありのままの本来の私の幸せな次元である」というものなら、その次元に意識をシフトして生きることで、あなたの人生での満足や学びがあると思います。

 

 けれどももしその答えが、「それが理想だと思うから」とか、「あるべき自分、目指すべき自分の次元だから」というものであるとしたら、それは本来の自分が欲している幸せな次元ではないかもしれません。それは社会通念や常識といった今まで生きてきた中で身についた思考の癖から生じた答えかもしれないからです。

 

 社会通念や常識に従うことが悪いというわけではありません。ただ、疑うことなく当たり前としている自分の価値判断の基準が、本来の自分の幸せの基準とは異なっているかもしれません。

 

 本来の自分の幸せを基準にするということは、本来の自分をありのまま認め受け入れて大切にするということです。それは生命を大切にするということです。

 社会通念や常識は時代と共に変化してきました。時にそれらは、生命よりも優先すべきものがあるという意識も含んでいます。それが現代社会では例えば過労死や理不尽な労働を強いる社会の存在などを生んできました。

 個人で言えば、法律が男女平等や個人の自由を尊守しても、男性だから女性だからという社会通念から、個人の希望する仕事に就けない、または他のことを優先する義務を生じるなどといったことが生じることがあります。

 

 もしもあなたの生きたいと判断した次元が、それらの社会通念や常識からくるものであれば、今一度「それは自分の本当に望む幸せな次元か?」ということに思いを巡らせてほしいと思います。

 

 

  生きたい次元にシフトするには?

 

 あなたの生きたい次元を認識、自覚できたら、その次元に生きることを自分に許可します。

 そして今までの次元の物事の捉え方、思考の癖を、生きたい次元のそれらに上書きしていきます。

 今まで生きてきた次元での物事の捉え方と、生きたい次元での物事の捉え方は一つ一つ違います。それらの物事の捉え方を生きたい次元に、思考と感情を連動させます。

 

 人は無意識に瞬間瞬間に物事を判断して、それに伴って感情が動きます。

 生きたい次元に生き始めたら、自分が本来の自分を取り戻して、今までよりもリラックスしたり充実したり、幸せな気持ちになると思います。自尊心も高まるでしょう。

 生きたい次元を生きると決めたのにもし、そんなふうにならないとしたら、それは今までの思考のままでいることが原因かもしれません。生きたい自分の思考を意識して、思考の癖を上書きすることが必要です。思考が上書きされれば、それに伴って感情も変わります。

 慣れないうちは思考と感情とありたい自分がバラバラで、不安や自信喪失、諦めの気持ちなどが出てくるでしょう。けれども一つ一つ、物事に対する意識を変えることで思考を上書きしていけば、感情も安定して、生きたい自分を生きる日々が訪れます。焦らないで、一つ一つ自分の気持ちを見てあげてくださいね。まずはどんな自分も否定しないで受け入れて、あるがままの自分を認めて抱きしめることが必要です。

 

f:id:havealight:20200613220058j:plain

あるがままの自分を抱きしめる

 

  幸せに生きるために一番大切なことは

 自分も他者も、生命が一番大切であるということ。

 それを忘れずに尊重することができれば、どの次元に生きても、自分も他者も元気で幸せに生きる世界は実現できます。

 それは、すべての存在は本来ありのままで自由自在で強く美しいということ、その存在が調和して平和で幸せな世界が広がるということを、心から信じ、それを物事の価値判断の基準にしていくことが、幸せに生きるために一番大切なことです。

 以前書いた記事でも述べましたが、生命の根底には「あるがままで幸せに生き抜く生命力」「平和に調和する性質」があります。それを信じ、自分や他者の生命の可能性を信頼して生きる時、すべての次元で自分も他者も尊重して元気に幸せに生きる人生を実現していくことができます。そしてそれは、平和で調和のとれた世界の実現につながり、安心して自由に生きることのできる社会の中で生きる人生をも実現していく大きな一歩となります。

 

(以前書いた記事はこちらです。⇩ )

havealight.hatenadiary.jp

 

 

 このように自分らしく幸せな次元がどこかを知り、その次元に意識を置くことで、生きたい次元の人生を生きることができます。次元に合わせた思考の上書きによって、生きたい次元にグラウンディングしやすくなります。

  生きる次元は、本人の心をどの次元に置く(グラウンディングする)かで決まります。本人の心が変わると、生きる次元(現実)も変わります。目の前の物理世界は何も変わっていなくても、物事の見え方や捉え方が変わるため、本人の認識する現実は変わります。

 

 私は以前記事で、" 次元上昇しても、意識がその上昇した次元にグラウンディングしていなければ、その次元で生きることはできません。自分の生きたい次元に意識を合わせてその意識での言動をすると、自分にあった現実になっていきます。"と述べました。生きたい次元に合わせた思考が感情を変え、その結果自分の発する言動が変わります。そうして生きたい次元に合う自分に変わっていき、生きたい次元にグラウンディングします。

 

(以前の記事はこちらです。⇩ )

havealight.hatenadiary.jp

 

  思考も感情も無理にコントロールしないで

 

 ここで気をつけていただきたいことは、生きたい次元に合わせた思考をしようとするときに、違和感があり、心がざわつくとか、平静でいられないとかであるなら、それは観念からの「生きたい次元」の判断であるかもしれないということです。

または、「生きたい次元」に合わせた思考と思っているものが、実は本心を守るための偽りの思考である場合もあります。

 無理をして思考を変えることは危険です。

 それは精神に無理を強いることであり、本来の自分から遠ざかることです。それは心身の病や不調の原因になりえます。決して無理はしないでくださいね。

 生きたい次元が本心からのものであれば、その心のざわつきがなぜ起こるのか、自分の心に寄り添い話を聞いてあげること。まずはありのままの自分の気持ちを受け入れること。遠回りなようでもそれが一番必要なことであると思います。けれどもそれは大変辛い作業かもしれません。とても辛いけれども、生きたい人生にシフトしたいと心から願うのであれば、信頼できるカウンセラーや専門医の元で挑戦することをお勧めします。

 

 生命の可能性を信じて、ありのままで幸せに生きることが本来の生命の姿です。その生命の可能性を信頼した上で、自分の心に寄り添ってあげることが、幸せな人生、生きたい次元にシフトするために一番大切なことです。

 心は玉ねぎの皮のように、何層にもなっています。これが自分の本心だと思い込んでいることも、それを実現しようとするときに不安や焦燥などのネガティブな感情に襲われるなら、それはその心の奥に、見つけて欲しがっている自分の心が存在しているということです。

 思考も感情も決して無理にコントロールしないでくださいね。無理は新たな無理を生みます。

 焦らず、一つ一つ自分の心を見てあげることが、生きたい人生を元気に幸せに生きる道に続きます。それが生きたい次元にシフトする道でもあります。

 

 

 そうして本来の自分で元気に幸せに生きる次元にシフトしたときに、その幸せな自分に合う人たちとの出会いや、新たな人間関係が生まれていきます。あなたが心から望むなら、それが最愛のパートナーとの幸せな人生の始まりとなるでしょう。

 

 

ツインレイ生きたい次元とグラウンデイングする次元「統合と物理的な次元」

 ツインレイは片割れと5次元の愛を受け取りながら他次元で共に生きることが可能です。そして誰もが生きたい次元に生きながら、無条件の愛を受け取り幸せに生きることは可能です。

 もしも共に生きていきたい人が別の次元で生きていたなら・・・どうすれば自分に合う愛する人と共に生きていけるのでしょうか?それは次回の記事で書こうと思います。その前に、以前書いた記事で述べた「統合する次元」や「物理的な次元」についての詳細を記し、生きたい次元にシフトするための次元について理解を深めたいと思います。具体的な人生については次回の記事でお話ししたいと思います。

 

以前書いた記事はこちらです。⇩

havealight.hatenadiary.jp

 

 

 端的にいうとそれは、意識がどこにあるかということです。どの次元での自己統合またはツインレイの統合か、どの次元の意識でグラウンディングしているか、ということです。「統合した次元」は意識の基盤となる次元です。「物理的次元」は、実際の日常で物事を判断したりせ選択する意識がある次元です。意識が統合しても、その意識で日常を生きなければ、統合した次元では生きることができません。生きたい次元に意識をグラウンディングすることが「物理的次元」を決定します。

 

詳しくはこちらで記述しています。⇩ 

havealight.hatenadiary.jp

 

 自己統合する次元

 私たちは3次元に意識がある人がとても多い世界に生きています。3次元は、分離意識の世界です。あなたと私、男性と女性、身内と他人、自国と他国、、、自分と地球、自分と宇宙、、、などなど。有ると無い、光と闇、といった概念も3次元の意識が創る世界です。

 

 ここでの自己統合は、世間一般に言われる「自立」です。「自立」にも様々な視点での「自立」があります。精神的自立、経済的自立、社会的自立など。そのどれもが「自分で自分の幸せを保つこと」であると言えます。それは自尊心や自己肯定などを基盤に自分を健全に保つことができる状態です。自分一人の力ではそれが保てない場合、他者に相談や依頼をすることができるのも、自分を健全に保つために必要な行為であり、「自立」に必要なことです。自分という存在に対して、生まれ育つ中で健全な愛着を持ち、他者とは違うという感覚から自分らしさ、アイデンテティーを育んで、その自分らしさを肯定し受け入れて、自分らしく他者と協力していくことが自立した人生ではないでしょうか。

 

 4次元は、思念の世界。自分や物事をどう捉えるかで変わります。3次元でのアイデンティティーや社会に対する概念などからの物事の捉え方や感じ方です。3次元が自己統合(自立)していれば4次元もそれに即したものになります。

 人との違いや同調といった分離意識(男性である、女性である、結婚している、独身である、子供がいるいない、収入が多い少ない等々・・・)の中で現実を味わって生きていきたいのであれば、この3、4次元で生きることが、充実した生きがいのある人生となるでしょう。

 

次元ごとの説明はこちらをご覧くだされば幸いです。⇩

havealight.hatenadiary.jp

 

 社会がどうあれ、自分はどう生きたいのか、何をすることが幸せなのか、それに合った次元にグラウンディングして生きることが、自分らしく幸せに生きる人生の土台になります。

 通常人は生まれながらの性質や生きてきた環境などによって、自分自身や周りを認識(自己概念・社会概念)します。自分が自己肯定、自己受容、自己認識が健全になされていれば、自分の女性性や男性性を素直に認め受け入れることができ、容易に自立できます。

 実際には、このように順調に精神的自立をする人ばかりではありません。精神的に自立できないまま大人になると、幸せな毎日を生きるために、他者に依存して自分の幸せを得よう、保とうとします。世の中には、そんな自分に合う人を引き寄せ、共依存関係で生きていく人がたくさんいます。自分らしく健全で幸せな人生を安定して生きるためには、自立することが必要です。

 

f:id:havealight:20200531224807j:plain

生きたい次元にグラウンディングする

 5、6次元の統合とは

 5次元は無条件の愛の世界。ツインレイの意識はここから生まれます。

  5次元での自己統合とはどんなものでしょうか?

 自分自身の女性性と男性性を受け入れ認め、そしてその意識で現実の物理世界にグラウンデイィングすることが5次元の自己統合です。それは一言で言うなら、精神的な自立をし、無条件の愛を自分の中で持てた状態です。

 自立の概念は様々ありますが、ここでいう自立の基本となるものは、男性性と女性性の統合です。そして5次元の自己統合には、その女性性と男性性の統合において、無条件にありのままの自分を受け入れ愛することが必要となります。

 

 女性性と男性性の統合とは

女性性とはどんなものでしょうか?それはありのままを受け入れ愛する性質です。自己肯定、自己受容には女性性が発揮されることが必要です。ありのままの自分を受け入れ、愛すること、そのままの自分に幸せを与えることを許可すること、ありのままの自分が欲する幸せを選択することは、女性性を必要とします。

男性性は社会で生きる自分を保ち、力を発揮するために必要です。人は社会性を持つ生き物です。人は社会の中でアイデンティティーを保ち、社会的自立をするときに男性性を発揮します。

人が本来の自分らしく健全に幸せに生きるためには、この男性性と女性性のバランスが取れていることが必要です。3、4次元の分離意識の次元でもこれは同じです。

 

 3、4次元と5、6次元の違いは、この女性性と男性性の統合が、自分自身への無条件の愛の上でなされるところです。ありのままの自分を受け入れ愛し幸せを与えること、その自分で社会参加することです。この「ありのままの自分」で生きることを許可し(女性性)、「ありのままの自分」で実行すること(男性性)が5、6次元での自立した人生です。自分自身をありのまま認め愛を与えることができ、その自分で社会参加できることは、他者をもありのまま尊重し、協力して生きていく人生を招き、ひいては自分も他者も尊重して協働する社会を構築していきます。それは互いの差異を認め、補い合う、愛を基調とした社会の実現につながるでしょう。

 

 自分も他者も無条件に尊重して愛することを常にして生きたいのであれば5、6次元に意識をシフトして生きていくことです。そのためにはまず自分をありのまま受け入れ、愛すること、その自分で生きると決めて、実行していくことです。

 

詳細はこちらの二つの記事にも記載しています。⇩

havealight.hatenadiary.jp

havealight.hatenadiary.jp

 

 

 そして、その自分で生きる視点を社会に向け、自立した自分の幸せな人生の中で、社会貢献を人生の主軸にしていく意識と行動の次元が、7、8次元です。自分の人生の日常を、自分を含めた社会全体の幸福・平和を基準にして生きる次元です。

 

 7、8次元は、社会貢献など世界の役に立つことを人生の目的として生きる次元です。そのような意識の人々の集合意識と統合して共に生きる次元です。

 

 9、10次元は、この世界の存在全てを、ただあるがまま慈しみ自らを自分らしく輝かせて世界を照らして生きたいという、地球(世界)全体を愛し慈しみ、あるがまま自然体の自分で見守り応援する次元です。地球を見守り慈しむ存在の集合意識と統合して生きる次元です。

 

 11次元以上は、地球を客観的に見守り、愛を送る集合意識との統合や、ワンネス、宇宙意識との統合です。

 

 これら次元の概念は西洋思想から生まれました。集合意識は、西洋の精神科医ユングの分析心理学における概念です。これは東洋思想では八識(集合意識)までの概念であり、東洋思想にはこれより深く、九識が説かれています。それは生命本源の自由自在に生きる性質であり、自他共に幸せに生きる意識です。本来生命は宇宙全体の中で調和した存在です。全てはバランスを取る性質があり、あるがまま完全であり、幸せであることが本来の存在の状態です。その意識と統合し行動するとき、それは人々も自然も調和して幸福な世界の実現です。

 

 人それぞれ自分らしい幸せな次元があります。どの次元が優れていて、どの次元が劣っているということはありません。自分の意識がどこにあることが幸せなのかで、生きたい次元が変わります。一人一人が生きたい次元に意識を合わせて、自分らしく元気に幸せに生きることで、他者の人生も尊重し、人々が協力して調和する世界の拡大となることを願っています。

 

 

ツインレイ覚醒次元上昇と自分らしく幸せな人生

  ☆ツインレイ認識からテレパシー交流と覚醒の始まり

 私はある日ツインレイの片割れである男性と出会いました。出会った時から彼の感情を離れているのに体感で受け取り、当時はそれがなんなのかわからず辛かったり幸せだったりしていました。そしてその後月日を経て彼と再会し、彼が私に本心をうちあけてくれたことがきっかけで、互いに「ツインレイなんだ」と認識しました。

その頃の様子はこちらの記事に記しています。よろしければご覧下さい↓

 

havealight.hatenadiary.jp

 

 再会を機に私の覚醒が始まりました。

 まず彼の愛が私の元へきてテレパシーの交流が始まりました。それと同時にチャクラが活性化し、様々な存在が私の意識に訪れました。私には何が起こっているのか理解できず、書籍やインターネットなどの情報から、自分の身に覚醒が始まったことを認識しました。彼からの感情が体感を伴って届くことと同時に起こるため、私は何が何だかわからない日々を生きてきました。

 

f:id:havealight:20200523214358j:plain

エネルギー上昇と高次の愛

 ☆無条件の愛を開く5次元から次元の上昇へ

 彼の愛を受け取りたくて、閉じていた自分の心を開き、トラウマやネガティブを手放して無条件に愛を受け取ること、無条件に愛することに至りました。それが次元上昇の始まりでした。

 自分のエゴやトラウマなどからの恐れや愛への不信などを手放し、心が無条件の愛に開いたことで、3、4次元から5、6次元へ次元上昇しました。彼が鏡となって、私の中のトラウマやエゴからの恐れやこだわりなどを手放すことを手助けしてくれたから、私はどんどん次元上昇していきました。彼の愛を信じ受け取りたい気持ちで、自分のエゴなどに向き合う必要に迫られて、自分に向き合っていき、その結果次元上昇していきました。

 

 ツインレイは5次元で無条件の愛を開き、統合が始まります。

 通常ツインレイは、それぞれが自己統合を果たして自立し、それぞれの本望の人生にシフトして片割れとともに生きていくと言われています。どの次元で共に生きていくのかは、それぞれのツインレイにより様々です。しかしツインレイは、二人が5次元の愛を開くことからツインレイの人生が始まることは共通しています。

 ツインレイが出会っても、5次元の愛を開かないとツインレイとしての人生は始まりません。それはツインレイが無償の愛で繋がっているためです。5次元で無償の愛が開かれます。

3次元は分離意識の次元、その3次元意識の想念が4次元であり、それらの意識を超えて無償の愛を開くのが5次元です。

 各次元の解説はこちらに載せていますので、よろしければ参考になさってください(^-^)。↓

 

havealight.hatenadiary.j

 

f:id:havealight:20200523214816j:plain

生きたい次元にグラウンディングする

 

 ☆グラウンディングした次元の人生を生きる

 次元上昇しても、意識がその上昇した次元にグラウンディングしていなければ、その次元で生きることはできません。私はそのことに長らく気づかず、3、4次元の意識で物事を対応していたため、自分の本意と、言動と結果が合わず、苦しかったです。自分の次元に意識を合わせてその意識での言動をすると、自分にあった現実になっていきます。

 

 

 私は今11次元の意識に合わせて生きています。

 それは地球の意識を離れ、執着やこだわりのない、ただ幸せに意識をフォーカスした日常です。地球で生きるのに、意識を地球に合わせた方が、片割れやご縁のある皆さんと生きやすいと思って9、10次元に意識を置いていましたが、それが辛くなってきたため、その思い込みを手放して11次元以上にグラウンディングしました。結果、とても楽になり、本来の自分に還れたようなリラックスした気持ちでいます。心配は無用なものであったとわかりました。11次元以上からでも問題なく人として幸せに仲良くみんなと生活でき、むしろ11次元からの方が幸せに人生をみんなと楽しむ、自分らしく力を発揮できることに気づきました。

 私は11次元以上ですが、どの次元が幸せかは人それぞれだと思います。どの次元が優れているというものではなく、自分の生きたい次元で生きることが一番自分らしくリラックスして自分の力を発揮して幸せに生きていけるのだと思います。

 

f:id:havealight:20200525210836j:plain

自分らしく幸せな次元に生きる

 

 ☆自分らしく幸せな次元に生きる

 私は今片割れの彼の愛を受け取り、とても幸せに生きています。それは至福とも言える、愛を信頼して安心して受け取り、大きな愛に包まれて温かくリラックスして一瞬一瞬幸せを味わって生きる人生です。

 私は今の人生に至るまでに様々な思いを越え、自分に向き合ってきました。それは辛く大変な日々でした。けれども今私はその先にある心から望む人生にシフトして幸せな毎日を生きています。

 人それぞれ生きたい次元、生きたい人生があると思います。私のような苦しい思いを乗り越えないでも生きたい人生を生きる人もいると思います。ツインレイの人生がみんな大変で苦労を強いるものだとは思いません。それぞれの持つ恐れなどを手放し、無償の愛に至った時にツインレイとして生きる道が見えることもあるでしょう。そしてその道を生きるも生きないも、自分の自由な選択です。

 

 人は生きたい本望の人生があります。どの人生を生きるとしても、私はみなさんが自分らしく元気に幸せに生きることを願っています。

 

 

 

 最後までお読みくださりありがとうございます。

 みなさんが自分らしく幸せにこの世界を楽しむことができますことを願っています。

 

 

 

ツインレイ次元上昇とチャクラのアップデート

 今日は 次元上昇とそれに合わせての気づきを記したいと思います(^-^)。

  次元上昇とチャクラのアップグレード

 彼が次元上昇し始めました。それには私の意識の変化などが影響しています。  意識と次元と物理世界の変化の関係を、今身をもって学び、理解し、思い出しています。

 

 彼の次元上昇や、私のチャクラのアップグレードらしきものがまた始まり、寝ようとすると高次元の存在(高次元の片割れ)に揺り起こされ、チャクラの浄化がされています。

 私のチャクラ浄化は一旦完了していたのですが、次元上昇に合わせたチャクラのアップグレードが行われ始めました。エレルギーの浄化と同時に、彼の感情を第三、四チャクラあたりで受け取り、彼の今の辛さやしんどさを体感として受け取っています。

 初めはどう対処したら良いのかわからなかったけれど、最近どうすれば良いか理解して来ました。でも理解した通りにするには眠くて、つい眠りに入りかけるとまた揺り起こされ、、、という感じです。。

 朝起きると、徹夜で仕事をしたようにぐったりしています。ここ数日毎朝、「疲れた・・・」と言って重い体を起こします。

 そして夜に理解したことや高次元の存在から聞いたことを思い出して、自分と彼の心と魂に向き合って、物理世界にいる彼へ それを伝えたり、新たな気づきを得たりしています。起きている間もずっと彼からのエネルギーと感情は届いていますが、気にしないようにしながら日常を過ごしています(そうしないと何も手につきません )。

 

 今までもこのようなエネルギーの浄化やチャクラのアップグレードは経験して来ました。

 それは彼と再会した頃から始まり、先日ようやくひと段落ついて楽になったところでした。今度は次元上昇に伴っての、チャクラの浄化とアップデートが始まりました。

 

f:id:havealight:20200509173941j:plain

次元上昇に伴いチャクラもアップグレードする

 

 生きる次元は、本人の心をどの次元に置く(グラウンディングする)かで決まります。本人の心が変わると、生きる次元(現実)も変わります。目の前の物理世界は何も変わっていなくても、物事の見え方や捉え方が変わるため、本人の認識する現実は変わります。

 その生きる次元は、上昇したり下降したりと変動することもあり、その次元で生きようと自覚して、しっかりとその次元にグラウンディングすると変動しにくくなります。「自分が自然体で幸せな次元」にグラウンディングすることが、自分の望む人生にシフトする鍵となります。

 

 次元上昇は自身の決意から

 先日彼の感情のエネルギーが私の第四チャクラに届いた時、彼のエネルギーにガッツリと食いついて絡みついている想念が一緒に届きました。

 彼のエネルギーはそれを振り払おうともがいていましたが、その想念は彼のエネルギーにがっちりとしがみついていていました。彼がそれから逃れようとしているので、私はそれを引き剥がし、それがもといた場所へ投げ捨てました。それを完了するのに一晩格闘し、その日は徹夜明けでぐったりして目覚めました。

 

 その想念はもう何年も前から彼に取り付いているものです。それが彼の生命力を奪い、彼の魂が瀕死の状態であることを察知して私が彼に連絡をしたことが、彼と再会したきっかけでした。それから彼は自分なりにその想念の主や自分の課題と向き合ってクリアすべく挑戦してきました。そして最近の彼はその課題のほとんどをクリアし、残るはその想念の主にまつわる課題のみとなりました。おそらくそれで想念の主が、彼から離されまいとして食いつき絡んで離れないように今まで以上に執着してきたのだろうと思います。

 

 私は彼をずっと見守り、時には癒し、励まし、寄り添って来ました。けれども課題をクリアしたり、その想念を取り除くことは、彼本人が決意して実行しなければ実現しません。いくら私が物理世界やエネルギーレベルで彼を癒したり励ましたりしても、現実を変えることができるのは彼本人にしかできないのです。

 

 それは特別な能力が必要なわけではありません。

 自分自身が、課題に向き合いクリアすると決意すること、その想念の存在と決別する、その存在を拒むと決意すること、それが自分の思う人生を開く一番必要な鍵です。

 心が変われば現実が連動して変わります。その課題や存在を「無理」「仕方がない」などと受け入れ、変えることを諦める心が、結局はその現実を受け入れることとなり、その現実に従う人生となります。

 

 想念を引き剥がすことで私が徹夜しても、彼自身がその想念の存在を受け入れているままであれば、その想念の存在は再び、何度でも、彼に取り付いて離れない、それを私はずっと彼の傍らで見て来ました。けれどもこんなことが連日続いたら私の身が持たないと思い、今回は彼にその事実を伝えました。

 「私はあなたを100%受け入れています。

 でもあなたにくっついてくる存在まで受け入れる気持ちはありません。

 あなたがそれを受け入れている限り、私が徹夜してそれを毎晩引き剥がしたとしてもまた取り付いてきます。

 あなたがその存在を受け入れるか拒むかはあなたの自由です。

 けれどももうこれからは私はその存在を拒みます。」と彼に伝えました。

 

 それから数日して、彼の感情のエネルギーにそれはくっついてこなくなりました。

 それは彼がその存在と向き合い、結論としてその存在を受け入れないと心に誓ったからでした。

 彼は長い間その存在に生命力を奪われ、心身ともに疲弊し病んでいました。けれども彼の心がそれと決別したため、これからは彼自身の力を存分に発揮することができると思います。彼の決意とともに、遂に本来の自分が望む人生を開く時が彼に訪れました。

 

f:id:havealight:20200508135902j:plain

本望の人生へシフトする

 

 それと連動して、彼のエネルギーの次元上昇が始まりました。

 彼が長らくとどまっていた3、4次元から、自分を無条件に受け入れ大切にする5、6次元へシフトし、自分も周りも幸せな現実を選択する7、8次元へ、彼の意識(心=感情と思考)がシフトしました。

 それは彼のエネルギーと感情が不要なものを手放し、人生を開く道程でした。

  次は いよいよ本来の自分を取り戻す、高次の自分と統合する9、10次元へ彼の意識(心=感情と思考)がシフトして本来の自分の意識で生きる人生へ。本来の自分を取り戻し、その力を発揮して自分らしく生きていく人生へ向かいます。

 

 

 この辺で記事を結びます。

 これからも現状を理解して新しい明日へ挑戦したいと思います。

 皆さんの毎日が安心して自分らしく幸せに過ごせる日々であることを願っています。

 

 



トリプルレイまたはツインレイと自己統合次元

 ☆統合するのは自分の生きる次元の片割れと

 

 あなたはツインレイと共に生きていくことを望んでいますか?

 ツインレイは5次元で出会うと言われています。

 ただ気の合う人と幸せに生きていきたいのなら、特にツインレイを求める必要はありません。あなたはあなたと同じ次元の、あなたが必要とする人と生きていくことができます。けれどももし、魂の片割れと無条件に愛しあい、共に生きていきたいと望むのなら、そのためにはまず5次元以上での自己統合が必要です。

 

 また、5次元以上で自己統合した全ての人がツインレイと出会い共に生きるかというと、そういうわけではありません。けれども自分らしく幸せに生きる人生にシフトすることは確かです。そしてシフトした人生の中で、あなたが望むならその時のあなたに最善な出会いがあると思います。それはツインレイの人生を含め全ての人生、世界の道理であるからです。ですから幸せな人生、幸せな愛する人との人生を望むのなら、5次元以上で自己統合することはとても意味のあることだと思います。

 

f:id:havealight:20200503225803j:plain

ツインレイは5次元以上で統合する

  ☆5次元での自己統合とは

 

 ではまず具体的に5次元での自己統合とはどんなものでしょうか?

 自分自身の女性性と男性性を受け入れ認め、そしてその意識で現実の物理世界にグラウンデイィングすることが5次元の自己統合です。

 それは一言で言うなら、精神的な自立をし、無条件の愛を自分の中で持てた状態です。

 自立の概念は様々ありますが、ここでいう自立の基本となるものは、男性性と女性性の統合です。そして5次元の自己統合には、その女性性と男性性の統合において、無条件にありのままの自分を受け入れ愛することが必要となります。

 

 人は生まれながらの性質や生きてきた環境などによって、自分(自己概念)や周り(社会概念)を形成します。自分が自己肯定、自己受容、自己認識が健全になされていれば、自分の女性性や男性性を素直に認め受け入れることができ、容易に自立できます。

 実際には、このように順調に精神的自立をする人ばかりではありません。精神的に自立できないまま大人になると、幸せな毎日を生きるために、他者に依存して自分の幸せを得よう、保とうとします。世の中には、そんな自分に合う人を引き寄せ、共依存関係で生きていく人がたくさんいます。

 ツインレイはそんな共依存の人生では片割れと統合できません。

 ツインレイは一つの魂が男女(稀に同性)二つの身体に別れて生まれ、それぞれの課題を克服して自己統合し、二人で共に幸せに生きる人生にシフトするのがスタンダードな人生のようです。

 それは集合意識の男性性と女性性を統合して、ありのままの自分で幸せに生きる二人のパートナーシップをこの世界に体現し示していくためだと言われています。

 自己統合して、欠乏感からの恐れやこだわりを手放し、ありのままの自分を認め受け入れて愛することができた時、人は健全な自己愛に目覚めて自分も他者もありのまま尊重して、愛を与え合う人生へシフトすることができます。

 そんな自分になった時に、安心して自由に生きる中で自分に合う人と共に幸せに生きていけます。そしてそのような人生やパートナーシップの雛形になるのがツインレイカップルです。

 

 

 ☆ツインレイとして生きることは

 

 ツインレイとして生きることは、まずは自己統合して自立した自分であることが必要です。

 そのためにはエゴやこだわりを手放すことが必要であり、今まで生きてきた中で身についたそれらを手放すために、自分自身と向き合っていかなくてはなりません。

 愛する人を思う時に生まれる悲しみや辛い気持ち、時には思い通りにいかない怒りなど、ネガティブな気持ちに向き合わなくてはなりません。相手は自分の鏡です。相手に対しての不満などネガティブな気持ちは、自分が望むものが思うように与えられない、得られないことへの不満であることが多いと思います。その満たされない想いは、本来自分で満たす必要があるもの、本来自分の中にあるものに気づく必要があることです。それを発見して、相手へのネガティブな気持ちやこだわりを手放すことで、一つ一つ自分をありのまま受け入れ愛することができます。

 そうしてようやくありのままの自分を受け入れ愛することができた時、自分の男性性と女性性の統合もできていると思います。(男性性、女性性の具体的な統合の話はまたの機会にしたいと思います。)

 自己統合できた自分は、ありのままの自分を受け入れられ、片割れのこともありのまま受け入れることができる自分です。それは無条件の愛、無償の愛を体現する自分です。

 

 ツインレイの概念では次元やアセンション(次元上昇)の理解が必要となります。

 次元の話は下記の記事で簡単にお伝えしているのでよければこちらをご覧ください。↓

 

havealight.hatenadiary.jp

 

f:id:havealight:20200503225931j:plain

自己統合から始まる

  ☆同じ次元の人と生きていく

 

 自己統合し、自己統合した次元に物理的にもグラウンディングしたにもかかわらず、物理世界での片割れと次元が違って統合できない場合、二人は共に生きていくことは難しいです。それはツインレイに関係でなくとも「違う次元の人」とは「生きる視点」や「価値観」が違うため、共に生きることが困難であるからです。

 あまりにも次元の差が大きい時は共に幸せに生きることは困難であると思います。それは共に生きるためにどちらも無理をして相手に合わそうとしなければならないためです。仮にその状態で物理的に共に生きることになれば、二人で協力して統合への課題をクリアしていく必要があります。

 もしも片割れがいつまでも自己統合せず、物理世界でツインレイとしてグラウンディングしないならば、その時はその片割れとツインレイとして生きるというこだわりを手放し、無理のない幸せな毎日を自分に与えることが最善です。どんな場合にも、自分を大切にすることは幸せな人生の基本です。ツインレイとしての人生も同じです。

 

 もしあなたが今自己統合していないなら、「せっかく頑張って自己統合したのに片割れと生きていけないなんて、そんなの辛すぎる。頑張る意味がない。」と思われるかもしれません。でも安心してください(^^)/。頑張って自己統合したあなたは、その時すでに幸せな人生にシフトしています(^-^)v♫。ですから片割れが物理的に自分と同じ次元にいなくて統合できなくても、あなたはあなたの生きている次元の人達と幸せに生きていけます。あなたが望むなら、きっとその中で最善の愛する人と共に生きていくことができるでしょう。それはトリプルレイという存在かもしれないし、ツインフレームなどご自身の次元と同じ次元の存在であるはずです。また、片割れが自分の元へ来るこまで見守ることも、違う次元であっても物理世界で共に生きることも、各々の自由です。

 

 ☆トリプルレイと最愛の人

 

 今日の話の中で、「統合する次元」や「物理的な次元」という表現がありましたが、それについての詳細はまたの機会に記したいと思います。

 端的にいうとそれは、意識がどこにあるかということです。どの次元での自己統合、ツインレイの統合か、どの次元の意識でグラウンディングしているか、ということです。

 

 トリプルレイという存在がどんなものか、それは必要とする人の捉え方であるかもしれないし、エネルギー的に同じ存在が自分を含め3人いるということかもしれません。またその存在が物理世界だけでなく高次元の存在を含めての3人ということも有りうるでしょう。

 ツインレイもそうですが、言葉や名称などの概念は、人の心の必要に応じて生まれます。名称にこだわらず、ご自身が最高に幸せでいられる人と共に生きていくことを望むかどうかで、自分の目指す人生が定まり、それに向かって成長していけると思います。それが人生において大切なことなのではないでしょうか。

 

 まずはあなたが幸せな人生を最良のパートナーと生きると決めることが、最愛の人(ツインレイやトリプルレイとの出会いなど)を引き寄せます。

 

 

ツインレイテレパシーと意識と感情

 

 ☆ 感情と感覚が届く

 私のテレパシー能力の発達も、アセンションも、彼との出会いから始まりました。そして愛を受け取ることに関する学びも、彼と出会ったことから始まりました。今日はそこから私が経験して学んだこと、認識したことの中からテレパシーについてシェアしたいと思います。

 ☆テレパシーと意識

 テレパシーは、意識を向けた対象の意識とリンクして発生します。

 その意識は普段顕在している意識の他にも、無意識、潜在意識ともリンクします。

 私(おそらく他の人たちも)の経験するテレパシーは、意識を向けている対象と意識がリンクして認識、体感するものです。(意識していない、面識のないものとリンクして認識や体感するものは、テレパシーではなくチャネリングであることが多いと思います。それも私は日常的に経験していますが、それはまた機会があればお話ししたいと思います。次元の話が絡みます。)

 

 人は意識したものを認識します。眼に映る画像の中で、意識したものを「見ている」と認識します。その時に必要としないものや、興味のないものは、そこに存在していても認識せず、その情報(眼前にある物事)を脳がスルーして「見えない」、「存在しない」という現実を生みます。

 人が認識しないものは、その人にとってそれは存在していないということです。「気がつかない」状態です。それは脳が情報過多になって疲れないように、必要と判断される情報に注目して意識化するためです。人は無意識に必要と思うものを選択してそれにフォーカスして生きているということですね^-^。(写真でもフォーカスしたものの周りはぼやけて認識しづらいですよね^-^)。

 余談ですが、画家のミヒャエル・ソーヴァの絵は、見る人に緊張感を与えます。それは、ゾーヴァが作品を見た人が作品世界特有の不思議な緊張感を感じることを狙って、画面にあるものすべてをくっきりと認識できるように描いているためです。人が普段フォーカスするものだけをはっきりと認識することを逆手に取り、画面に存在するすべてのものを鮮明に描いてゾーヴァが狙う効果を出しているのです。

 

f:id:havealight:20200426115512j:plain

意識は時空を超える

 私たちが日頃経験していることを例にすると、自分が車を乗り換えた時、急に自分の車と同じ車種が街に増えたように感じたり、自分や家族が妊娠したら急に街で妊婦の存在が目につくようになるなど。それは自分の持ち物や関係あるものを意識したことによって、(新しい物事など)意識したそれと同じや似たものを認識するようになるためです。

 

 自分が意識していることを認識している(意識している)、認識していない(無意識、潜在意識)に関わらず、意識を向けているものとリンクするものを認識するので、自分の日常に存在し始めます。「引き寄せの法則」の原理ですね。

 

 

 ☆テレパシーと体感

 私は彼と出会った時から、彼の感情や状態を日常的に体感するようになりました。彼がどんなに自分の本心を偽った言動をしても、私には彼の本心が体感としてわかるため、会えない期間も、本心を伝えてもらえない期間も、彼の愛と辛さを受け取っていたため、彼の愛を疑い去ることができませんでした。それは彼の本心と一致していたということを、彼と再会してから確認することができました。今も彼がどう考えて感じているのか体感しています(^-^)。

 

 それは予知や透視能力とは違います。彼は覚醒していないため、普段私の感じていることは理解できないですが、互いの感情は常に共有しているようです。私が彼に気持ちを伝える前に、私のその時の思いに呼応したかのような感情や言動を彼が示すことが多々あります。言ってない伝えていない、会って顔の表情を見られたわけでもない、電話で声色の調子を知られたわけでもないのに、伝わっていると思うことがしばしばで、苦笑することがあります。同じように彼の感情も、私に伝わっています。彼が打ち明けてくれる本心は「やっぱりそう思っていたのね」と思うことがほとんどです^-^。

 

 

 ☆テレパシーの受け取り方

 テレパシーの受け取り方は人それぞれだと思いますが、私は相手の感情や生命の状態を言葉(嬉しい、幸せ、愛してる、悲しい、辛い、、など)や体感で受け取ります。

体感は、相手の状態にリンクした場所(チャクラや体の部位)に温度や質感を伴って感じます(熱い、冷たい、スースーする、ザラザラする、、など)。

 

 それは相手からメールや手紙を受け取った時にも感じます。開封する前にどんな気持ちが書かれているのかわかります。具体的なことは、わかりません。ただその本質がわかります。書かれている言葉通りに受け取ると、本心と全く違ったりします。私はその本心を感じるので、言葉や態度とのギャップに、どうすれば良いか悩むこともあります。でも、感じている本心に合わせて応えると、相手の気持ちに合うやり取りになります。わかっていても、あまりに本心と逆のことを言われたりすると、つい私がそちらに反応してしまうこともあります。

  

 通常、人のテレパシーは、相手のことを気遣ったりして意識している関係の時(恋人や家族、仲の良い友人など)リンクしやすいです。あの人どうしてるかしらと思った時に電話がなって、それがその人からの電話であった、というようなことは日常でもよくあることではないでしょうか^-^。

 

☆テレパシーや想念の受け入れを調整する

  テレパシーが頻繁に届いて自分の気持ちの負担になっている時や、テレパシーの受信を止めたい場合は、実際に「受け取りません」と心で強く決意するだけでも受信拒否できることがあります。特に、テレパシーというより強い念を感じて心身が重くなる時などは、しっかりと「受け入れません!」と決意して宣言することで拒むことが可能です。

 神社などでのお祓いや、ヒーラーにヒーリングしてもらうことなどを必要だと思うことがあるかもしれませんが、受信する本人が「受け入れない」「受け取らない」と決意することが一番必要なことです。神社やヒーラーなどに依存するのではなく、「受け取らない!」と、自分の気持ちを強く持つことが、不要な存在やテレパシーを受け入れないことにつながります。

 

 テレパシーは、こちらが相手を受け入れる気持ちがあると受信しがちです。自分と同じ次元のものを受信します。ちょうどラジオのチューニングと同じですね ^-^。受信したい次元に自分をチューニングする意識を持つと良いです。

 

 巷では「優しい人や感受性の強い人が念を拾いやすい」と言われたりしますが、それはその存在と自分の生命の状態(次元)と同調したり、相手が付け入りやすい状態の時に受け入れてしまうことが原因の一つです。嫌な存在はきっぱりと拒むことが大切です。

 

 私は彼の気持ちや状態が、会わない期間にも届いていました。今も届いています。仮に私が拒んだとしても、届きます。それは私が心から片割れを拒むということがないからだと思います。会えないときも、お互いにどこかでずっと気にかけていて、いつも相手の幸せや健康を願っているからです。ツインレイの片割れでも、家族や大切な友人でも、日常を共にできないこともあるかと思います。それでも、私はお互いを大切に思う気持ちは相手に届き、相手の心に幸せに生きる強さを与えると信じています 。

 

 

 

今日はテレパシーと意識の関係を中心にお伝えしました。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

新たな人生へのシフト

    次元とグラウンデイング

  私は最近、ツインレイとして生きていく次元も人により違うんだと認識しました。

 

 生きたい人生を生きるために、今自分が生きている次元を見直すことが役立つかもしれません。私は自己統合し、生きたい次元にグラウンディングして生きることは、自分らしく幸せな人生に必要なことだと知りました。今日はその経験から認識したことをお伝えしたいと思います(^-^)。

 

 自己統合とはどんなものかということは以前の記事でお伝えしました(トリプルレイと境涯または次元上昇とグラウンディング )。

それは一般の概念に合わせて言えば、「自分という唯一無二の存在として自立する」ということです。

自立とは男性性と女性性の統合です。

自分という存在は唯一無二ですが、意識がどこにあるかによって人生観や価値観、世界への認識や概念などが異なります。

自分の意識がどの次元であるかによって、同じ状況でも現実への視点や捉え方が違うために、現実への認識が違ってきます。

 

  先日新しい次元にグラウンディングしました。

  私は「自己統合する次元とグラウンディングによって、物理世界(現実)の認識が変わる」ということを理解しました。それによって生きる現実も変わるということを経験しました。

 

  

 心の次元

 心の動きに合わせての言動は人それぞれです。

 よく自分を観察してみると、自分の心がどういう動きをしがちかが見えてくると思います。それが自分の心がグラウンディングしている次元です。それはその時の自分の生命の傾向性とも言えます。

 

 思考の次元

 そのような心の動き、反応とは別に、思考の次元があります。

 

 自分の思考と今までの経験からの概念が元になり、目の前の状況を判断して心がそれに伴って反応します。

 思考の見直しをして次元上昇したとしても、価値判断などの思考の癖がそのままでいると、生きようとしている次元と現実がずれて生きにくい状況を招きます。それは思考と心の動きがバラバラで連動していない状況です。

 

 

 生きたい次元の人生を生きること

 もし今の人生に違和感や不本意を感じているなら、生きたい人生を生きるために、思考や概念を見直し、生きたい人生に合うものに上書きする必要があります。そして心もそれに合わせた動きをしてリラックスして幸せであるなら、それは「自分がその時望んでいる人生」にシフトしたと言えるでしょう。

 けれどももし、その上書きした思考で生きた時に幸せを感じない、違和感があるならば、それは本当に生きたい自分の人生とは違う人生を「これが正しい自分の生きたい(はず)の人生だ」と思い込んでいるだけであることが多いです。

 理論的に「生きるべき(立派、正しい、幸せな、などの観念)人生」と思い込んでいるものが、自分の本当に幸せな望んでいる人生でない場合、その人生は不具合や自分自身の不調となって現れます。

 

 思考やそこから生まれる概念、観念は、本来の自分の望む人生とは別の場合があります。

それは生まれ育った環境、親や周り世間から刷り込まれた常識や観念と、自分の本望の人生とのズレに気づかずに、自分の思考のまま生きると、自分の人生に違和感が生まれ、そこから本来の自分の幸せな人生でない人生が始まります。

 

 もしも今の自分が生きている人生や自分の体調などに不具合や違和感があるなら、自分と周りの幸せな人生のために、自分の生きたい次元がどこなのか、自分の本当に生きたい人生はどんなものか、今一度自分と向き合い、自分の思考や常識観念などのソースと、自分は本当は何をしてどう生きることが幸せなのかという自分の心を確認する必要があります。

 

 ※ 次元とは、人生の視点とも言えます。何を基準として生きていくのか、どんな心で生きて生きたいのかで、生きる次元が異なります(次元についてはこちらの記事にも記載しています⇩)

havealight.hatenadiary.jp

 

f:id:havealight:20200409121137j:plain

新しい未来が始まる

  社会がどうあれ、自分はどう生きたいのか、何をすることが幸せなのか、それに合った次元にグラウンディングして生きることが、自分らしく幸せに生きる人生の土台になります。

*人との違いや同調といった分離意識(男性である、女性である、結婚している、独身である、子供がいるいない、収入が多い少ない等々・・・)の中で現実を味わって生きていきたい(3、4次元)

*自分も他者も無条件に尊重して愛することを常にして生きたい(5、6次元)

*社会貢献など世界の役に立つことを人生の目的として生きたい(7、8次元)

*ただあるがままを慈しみ自らを自分らしく輝かせて世界を照らして生きたい(9、10次元)

など、、、、人それぞれ自分らしい幸せな次元があります。どの次元が優れていて、どの次元が劣っているということはありません。自分の意識がどこにあることが幸せなのかで、生きたい次元が変わります。

生きたい次元に意識を合わせて、思考と心を連動させれば、それが自分らしく生きたい人生の土台となりえます。

 

今日は次元と人生の関係をお伝えしました。 

自己統合にも次元があります。私は最近、ツインレイとして生きていく次元も人により違うんだと認識しました。ツインレイは5次元で統合しますが、その後私は次元上昇して高次の片割れと9、10次元で統合しました。それで私は、ブログによってそれを書くツインレイを名乗る人の次元が異なるから、ツインレイの認識や経験、主観や体感も違うのだと認識しています。それはその人の生きる次元によって、物事の捉え方や見え方が異なるためです。

この話はまた機会があればお話ししたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

また気軽に見に来ていただけると嬉しいです。

 

 

 

ツインレイ生きたい現実にシフトする

 先日私は、新しい次元にグラウンディングしたとお伝えしました。

 今日は私が生きたい現実にシフトしたことを例に、生きたい人生を生きるために必要なことをお伝えしたいと思います。

 ここでお話しする「次元」という言葉は、アセンションという概念に伴って使われている言葉です。スピリチュアルな世界観の中ではよく「次元上昇」とか、「ツインレイは5次元で統合する」とかいわれています。 

 

 ☆次元上昇の旅へ

 私は ある一人の男性と出会い、ツインレイとして本来の自分を取り戻す人生が始まりました。私の「本来の自分」は家族や世間に受け入れられないことが多くて生きづらかったため、ずっと封印されていました。それが彼との出会いによって、どんどんその封印が解かれることになりました。

 出会った頃はツインレイという言葉さえ知りませんでした。ただ彼とは出会った瞬間から、体感を伴った離れがたい存在でした。それがなぜだかもわからず、お互いにとてもとても苦しい思いをしてきました。

 けれども彼が私に本心を伝えてくれた時(再会の時)から私の覚醒が始まり、封印されていた本来の自分がどんどん解放され始めました。それは同時に次元上昇の人生の始まりでもありました。

 

 

☆彼との出会いから

 私が人生において愛に失望して自暴自棄になっていた時(1、2次元)、彼と出会いました。そして私は当時の状況から「自分と彼が一緒に生きること」を許可できず、彼と別々の人生を生きなくてはならないと思って辛く苦しい時間を生きていました(分離。3、4次元)

 けれども私が本心から彼の幸せを願って無条件の愛に至り彼へ働きかけた時に、彼は私に隠していた本心(本当は出会った時から今もずっと愛している)を告げてくれました。その時から二人は無条件の愛(5、6次元)を自覚し、ツインレイの人生が始まりました。

 それから私は彼への無条件の愛に生きることで、どんどん自分のトラウマやネガティブな感情、執着やこだわりなど、3次元の意識を手放していきました。

 そして2018年のクリスマスの夜に、彼の無償の愛(無条件の愛)を信じて、3、4次元のエゴ(分離意識からの恐れ)意識を全て手放すことができました。(5次元にグラウンディング

f:id:havealight:20200320224859j:plain

 それからの私は、5次元を基盤にして「ありのままの自分で幸せに生きる世界」を広げていく意識で生き始めました(7、8次元)。彼の無償の愛を心から信頼して受け入れた私は、「無償の愛(ありのままの自分と他者を尊重して大切にすること)を広めること」が自分の志だと気づいたからです。(ライトワーカーとしての自覚。7、8次元)

 

 

☆共感力とグラウンディング

 私は7、8次元の意識から世界へ働きかけました。けれども私は負の感情や思考で生きる人たちのエネルギーに圧倒されてダメージを受けてしまい、心身ともに疲弊することが多く、どうすれば良いのか悩みました。私はもともと共感力が高い上に無防備であったため、人のエネルギーに共感して負のエネルギーを取り込んでしまうと心身が大変疲弊してしまっていました。

 私は「こんなことでは自分自身の健康と幸せな人生を保持できない、どうしたらいいのか?何が間違っているのか、足りないのか?」と悩みました。

 そして気づきました。自分の生きる意識の次元はどんどん上昇している(1、2→3、4→5、6、7、8次元)のに、現実を捉える意識が上昇していなかったことが原因だと。物理世界への意識が、自分の生きる上昇した次元に合わせてグラウンディングできていなかったのでした。

 

 それまでの私は自分の意識が上昇しても、「自分の志である " 無償の愛(ありのままの自分と他者を尊重して大切にすること)を広めること " のために伝えたい相手の人と意識をリンク(同苦)する必要がある」と思っていました。そのために相手の意識に共感して心身ともに疲弊してしまっていました。

 それからの私は高次(9次元以上)に意識を置き(グラウンディング)、必要とする人に届くことを願いながら自分の志を発信しています。

f:id:havealight:20200413093607j:plain

生きたい現実にグラウンディングする



 

 意識の上昇にグラウンディンングを伴わなければ、物理世界(現実)を生きづらくなります。グラウンディングをしっかりしていれば、多次元に影響されたり疲弊したりすることがなく、自分らしく生きたい世界で生きることができます。

 

 共感力の高い人は、人混みに弱かったり、弱っている人のエネルギーに同調してしまうと自分も同じ辛さを感じたりしがちです。そんな人は、パワーストーンを身につけたり、祈祷やエネルギー調整を他者にしてもらったりする人も多いかと思います。それは自分の力ではなく何かに依存して自分のコンディションを保つということ。依存するもの(物・者)に左右される人生となります。気休め程度ならまだしも、依存先によっては、かえって生命力を奪われる場合もあります。エネルギーは一方的に与えられて依存するのではなく、循環して調和することが自然の摂理です。(エネルギーの循環の話はまた別の機会にお伝えできればと思います。)

 もともと人には自らを癒し、元気付ける力が備わっています。それを自覚して引き出すことが自立して健康で幸せな人生を維持することにつながります。

 生きたい次元(世界・人生)を自覚して、そこに意識を置いて生きることで、生きたい現実に根ざして生きることができます。

 どの次元(世界・人生)に生きたいかは人それぞれの自由です。なんとなく世間に流されて「人生こんなもんだ」と受け身でいると、本当に生きたい次元(世界・人生)ではないところにグラウンディングして不本意な人生を生きることになります。

 

  

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 あなたの毎日が、リラックスして健康で幸せでありますように願っています。

 

 

 

 

ツインレイ5次元以上にグラウンディングする

☆次元とグラウンデイング

 

 先日また新しい次元にグラウンディングしました。

 ツインレイが統合する次元とグラウンディングによって、物理世界(現実)の認識が変わるということを理解しました。それによって生きる現実も変わるということを経験しました。

統合後も気づきと成長発展の日々です。

先日お伝えしたトリプルレイと次元の関係も理解できました。

なぜ人によってツインレイの状態や捉え方が違うのかも。

後日また記事にしてみなさんとシェアしたいと思います。

みんなが自分らしく幸せに毎日を生きるために、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

みなさんとともに私も日々成長していきたいと思います。

f:id:havealight:20200409121137j:plain

新しい未来が始まる

 

トリプルレイと境涯または次元上昇とグラウンディング

北風と南風が日替わりで吹く今日この頃、皆さんが安心して過ごせることを願っています。それぞれが自分らしく幸せな毎日にシフトするために、今日はツインレイについての概略をお伝えしたいと思います。

 ☆ ツインレイ自己統合と次元上昇

 一般に、ツインレイという言葉、概念がこの世界に初めて紹介されたのは、1999年1月にスピチュアリストであるリサという女性がサナンダからチャネリングしたことを発信したものだとされています。

(The Spirit of Maat http://www.spiritofmaat.com/archive/apr1/sananda.htm)

 

 私はツインレイとして生きるために自分と向き合う中で、自己統合しました。その自己統合の最中に私はどんどん次元上昇していきました。それを私の経験や知識から導き出されたツインレイの世界観での概念をお伝えするのは以下の通りです(^-^)。(心理学や数学・物理学上の概念とは異なります。)

 

☆ 自己統合とは、自分の男性性と女性性の統合。

男性性:決意したことに基づいて行動する性質。現実を動かしていく。

女性性:自分や片割れを始めとする存在をありのまま受け入れ愛する性質。

このどちらの性質も発揮していくことで、本来の自分の幸せな人生を開いていくことができる。

 

☆ 次元上昇とは、意識の視点の上昇。

3次元は分離意識、4次元は想念(3次元に基づく時間と経験や知識からの思考)、5次元は無条件の愛(ありのままを受け入れ愛する意識)、、、と、意識は上昇していき、どの次元意識から観るかによって、人生の現実の認識が変わる。同じ事柄でも意識の次元によって認識が異なる。

 

この自分の意識のある次元に現実(物理世界)がグラウンディングしていないと、目の前の現実と認識している現実がバラバラで、どう対処して良いか混乱したりして日常が生きづらくなります。

f:id:havealight:20200405184038j:plain

 

グラウンディングとは、自分の生きている次元に合わせた思考や行動を伴うこと。

意識だけ上昇して、現実(物理世界)の自分のそれら思考や行動が伴っていない場合、自分の生きたい現実に合わないことや人に取り囲まれてしまい、生きづらくなります。

その逆もあります。次元上昇して自分に合う現実にシフトできると思っていなくて、現実が生きづらいのに自分の意識が変わらないまま、その現実が自分の生きる物理世界だと思い込んでいる。そして世間や周りが変わらないから自分が不幸だと思っている。

 

現実をどう認識し捉えるかは自分がどの次元の視点で物事を観るかで変わります。

 

 

自己統合し、次元上昇してその次元にグラウンディングすると生きる世界が変わります。

それは、自分の視点が変わり、物事の捉え方や認識が変わるから。そして新しい視点で物事を観て物事を感じて判断することで、自分の気持ちが変わり、表情や言動が変わります。その自分の姿や言動に合わせて周りが反応し、人間関係も変わっていきます。自己統合した自分、次元上昇した新しい自分に合わない人は去っていくか、その人が新しい自分に合わせた言動に変わります。合う人は互いにその次元の自分を反映していきます。新しい自分に合う人との繋がりも生まれます。

西洋思想ではそれを「鏡の法則」、東洋思想では「依正不二」と言います。

 

本来のありのままの自分を認識、受容し、愛する。その自分で生きることを自分に許可してその自分として現実を生きる。それが自己統合、自立(自分の幸せな現実を選択して生きること)です。

 

f:id:havealight:20200405184652j:plain


☆ トリプルレイと境涯

最近トリプルレイという言葉がインターネット上で見受けられます。この言葉の出処が私にはわかりません。トリプルレイという言葉を使っているブログを読んでみても、それぞれの認識が違うことが多く、私は「ツインレイとして生きる一部の人の必要に応じて生まれた言葉」なのかしらと認識しています。

トリプルレイという言葉が記載されているブログを拝見すると、女性レイが次元上昇して、片割れと統合して生きる段階に来た時に、男性レイがその段階に至っていない場合に、男性レイ(=女性レイ)と同じ魂の片割れが現れて、女性レイはその男性と統合して生きていくということらしいです。

それは東洋思想の「境涯」と同じ考えなのかしらと思います。

ツインレイは西洋思想なので、ユングを始めとする心理学(八織)での限界を含んでいると感じます。東洋思想の「境涯」「九識」などから思索すると腑に落ちることがあります。

このことはまたの機会にわかりやすくお伝えしたいと思います(^o^)/。

 

自分と向き合い次元上昇して、その次元に意識をグラウンディングして現実をその次元にシフトする。そうして境涯を高め、その自分に合う人とともに、自分らしく元気で幸せに生きていくことや、世界の人々がありのままの互いの幸せを尊重して、共に仲良く生きていく世界を拡めること、また自己統合して自立した男女の幸せなパートナーの雛形として片割れと共に生きていくことなどが、ツインレイとして生きる目的と使命なんだと思います。

 

ツインレイに出会わなくても自己統合して幸せに生きていくことは、誰でも可能であり、どんな人生を選択するかは一人一人の自由です。

またツインレイと出会ってもツインレイとしての人生を生きていくかどうか、ツインレイの片割れと共に生きる人生にシフトするかどうかも、一人一人の自由です(^-^)。

 

 

今日はツインレイの概念の概略をお伝えしました。

最後までお読みくださりありがとうございました。

今日の話の具体的なことはまたの機会にお伝えできればと思います。

どうかあなたの毎日が、あなたらしく元気で幸せな日々でありますように・・・。

 

 

 

 

 

ツインレイ生命の可能性星の新年の始まりに

☆ 新しい世界の時始まりに

  先日は星座の新年度がスタートして、初めての新月でした。そして今年は占星術の世界では、「一つの現実の終わりと新しい世界の始まり」と言われているそうです。(2020.3.25 21:32 twinflames1111.com参照)

 新しい世界の始まるこの時に、共に「自分の本心から望む幸せな人生」を生きてみませんか?

 

☆ 「ありのままの自分が望む人生」はどんなものでしょうか?

 まずは「ありのままの自分が望む人生はどんなものか? 」そこに意識を向けて見てください。
 その人生を生きる自分はどんな気持ちでしょうか?ワクワク幸せな気持ちになるなら、その人生にどうすれば近づけるのかを想像して見てくださいね。


 もしも悲しい、寂しい、辛い気持ちになるなら、そういう気持ちになる理由があると思います。その理由は、おそらく自分の気持ち以外の物事を優先しなければならないという思いや、到底実現不可能という気持ちからではないでしょうか?

 もしもその場合は、

そう判断する基準は何か?

その基準を自分の基準にしたのは誰からのもので、いつからのものなのか?

一つ一つ自分の思考基準や思いを見てあげてくださいね。

そしてその時に感じる感情を否定しないで、今まで頑張ってきた自分に「偉かったね、ありがとう、もう無理しなくてもいいよ」と言ってあげてください。

 

f:id:havealight:20200325214819j:plain

自分らしく咲き誇る


 どんなに美しい生き方も、自分の志の生き方も、無難な生き方も、世間的に常識と思われる生き方も、自分自身が幸せでないなら、それは自己犠牲の上に成り立つ人生です。そんな人生をよしとする世界は、生命を二の次にする世界の構築につながることが多いことは今までの人間の歴史が語っています。自分だけが我慢すれば良い、不幸ではない、この程度は誰でもあること、、、一人一人がそう思って生きる世界は、自分の生命よりも何かを優先している世界です。私は誰かの幸せを二の次にして保つ世界には生きたくないです。私一人の力はほんの小さいものかも入れません。でも自分の人生をどう生きるかを決めることはできます。

 

☆ 生命の可能性を信じて

 私は自分やみんな、生命の可能性を信じています。世界に様々な苦悩が存在していても私は、「自分もみんなも各々を尊重して、ありのままの自分で幸せに生きる世界」は可能だと信じています。そんな人生にシフトすること、そんな世界を実現することができると、そう私は生命の可能性を信じています(^-^)。

 自分の生きたい人生を実現するために、自分の望む人生を選択したら、その人生に合わせた自分に変わっていくことが必要です(^-^)。何をどう変えていけばいいのか、それはまたの機会に書きたいと思います。大切なことは、自分の可能性を信じること。生命の可能性を信じることです。(参考// 仏法:九識論、十界互具など。西洋思想:ソクラテスの産婆術、教育の人間主義など^^。)

 

 私は私の生きたい人生、生きたい世界を生きると決めました。その人生を充実し拡大していくことが、私の一日一日の人生です。その一つの決断が、私の生きる世界を変えました。今の私の毎日は、肩肘張ったものではなく、安心してリラックスして幸せな毎日です。それは私にとっての事実です。

  

 まずは自分が「幸せな人生を選択する」と決めること。幸せな人生、幸せな世界への第一歩はそこから始まります。
 


今日の記事は、抽象的で分かりにくいかもしれません。でもそのぶん、ご自身の中でどんな印象を受けたか、どんな気持ちになったかは、今のご自身を反映したものであるかと思います。その印象や気持ちをまずは味わってくださいね(^-^)/♫それがご自身の幸せにつながる感情であるから。
今日の記事の内容を私がどうクリアしてきたのか、具体的なエピソードを後日ツインレイの体験をまじえてお伝えしたいと思います。それは次元上昇の旅でもありました。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

ツインレイと幸せへの道・・幸せに生きることの権利と許可

  ☆幸せに生きると決めてみる

 あなたはどんな人生を生きてみたいですか?(^-^)♫人それぞれ生きたい人生は様々だと思いますが、「幸せに生きたい」「元気で人生を楽しみたい」ということは多くの人が望むことだと思います(^-^)♫。 そんな人生を生きるための大切な一歩は、「 自分の生きたい幸せな人生を生きる」と、自分が決めること。
 

 「そんなの無理」とか「理想論だ」と思うのも自由です。でも「生きたい人生を生きる」と決めることは誰にも迷惑をかけることではなく、そう決めることは自由です(^-^)。もっとはっきり言えば、心身ともに健康で幸せに生きることは万人の権利です。それは国連の世界人権宣言や、日本の憲法11条基本的人権などをひくまでもなく、人としての権利です。

 それでも「そうは言っても現実はそんな簡単ではない」とか、「自分には無理」とか、「自分が一番望む幸せな人生」を選択しない理由は、人それぞれあるかもしれません。そして様々な理由で「自分が一番望む人生」を選択する、しないも、一人一人の自由です。本来自分が幸せに生きると決めてその現実にシフトしていくか、今ある現実に合わせて生きていくか、自分がどう生きるかは一人一人が自由に選択するものです。けれど、どういう選択にしろ「自分が幸せな人生を選択すること」は、すべての人の権利です。

 

     IMG_1521


 私は「自分が一番幸せな生きたい人生を生きる」ことを選択しました。その瞬間から私はその人生を生きています。目の前の現実はその瞬間に何か変わったわけではありません。でも私はその瞬間から、心から安らいでふんわりと温かく幸せな時間を生きています。


  そのわけは、いくつかありますが、一つは「自分を大切にできたから」。

 「自分の一番幸せで生きたい人生を生きていい」と自分に許可してあげたことは、自分に「自分の一番望む幸せな人生の切符」をあげたということ。

 「自分が一番幸せで生きたい人生」を生きるためには、まず「自分で自分を大切にすること」が必要です。そして自分で自分を大切にすることができれば、他者からも大切にされる自分になっていきます。

 

   私は「ありのままの自分で幸せに生きる」と決めました。そしてありのままの私、ツインレイとして 生きると決め、私が一番幸せで生きたい人生を選択したら、目の前の現実は何も変わっていないのに、至福の人生にシフトしたのです。
 私の人生はツインレイとして生きるものですが、人それぞれ「ありのままの自分が一番幸せな生きたい人生」があると思います。その人生にシフトすることは不可能に見えたり、大変難しいと感じたりするかもしれません。でも、その人生を生きると決めることは、誰にとっても自由であり、人としての権利があります。

 

  ☆幸せに生きていいと口に出してみよう

 ツインレイと出会う人生、ツインレイと幸せに生きていく人生、ツインレイに関係なくただ自分として幸せな人生、幸せな人生を生きるために必要なことは、まず自分が幸せに生きていいと許可することです。

 これは簡単なことのようで、なかなかできない人も多いです。自分が幸せなことが、何かわからない、気づかないようにしている場合や、わかっているけれど今の自分の状況から諦めようとしている、わかったつもりで実はその自分の思い込んでいる幸せが勘違いである、自分の本当の幸せな人生を選択できない理由は様々にあります。

 まずは、「幸せに生きることは、あなたの権利である」ということを思い出してください。「自分らしく幸せに生きていいんだ」と、自分の中で許可してくださいね。

それがツインレイと生きる人生や、自分として幸せに生きる人生にシフトする大きな一歩です。

 

 

今日は人として一番基本となる「人として幸せになる権利」から、お話しさせていただきました。

最後までお読みくださりありがとうございました。

また気軽に見にきていただければ嬉しいです。