ツインレイ自分らしく幸せに生きる

   ツインレイとして生きる私の人生の軌跡。このブログが自分らしく互いを尊重して幸せに生きる人生の、道しるべになれば幸せです。  

ツインレイ本来の自分を思い出し生きる時

 覚醒とは本来の自分を思い出すこと

 

 今からお伝えすることは私の経験に基づいたことでありますが、これらは私や「ツインレイに出会った人」が特別なわけではなく、一人一人が本来持っている「宇宙(世界)と調和した自分」が感じる得るものであることをはじめにお伝えしたいと思います。以下私の経験からの話となりますが、ご自身も同じこの「宇宙(世界)」の存在であるという認識でお読み頂ければと思います。

 

 私はツインレイの片割れと再会した頃から、海外ブログ

https://www.twinflames1111.com/blog/weekly-energy-update/29th-june-5th-july

で紹介されている占星術の星の動きと連動して覚醒してきました。それは自分が宇宙のリズムや流れと調和しているために、星の動きと連動しているからなのだと認識しています。(私がこのブログで記す星の動きや宇宙の流れは、このブログ占星術のブログを参考にし、自身の感知するエネルギーを言語化したものです。)

 人もこの世界の一部であり、全てであると言えます。言うなれば自分という存在が宇宙の存在であり、宇宙は自分と同じ世界であるということです。東洋思想ではそれを小我と大我、小宇宙と大宇宙と表現したりもします。

 自分という存在が自分個人の枠(小我・小宇宙)を超えて、生きている世界(大我・大宇宙)を包括した意識となるとき、人は自分の可能性を宇宙大に広げることができます。その意識の拡大により意識の次元上昇をして、その意識での思考や行動をするとき、人生の次元上昇、意識のある次元でのグラウンディングをするということを、私は片割れと再会してからの次元上昇の中で経験して思い出しました。

 

 この「思い出した」ということが今回のブログのテーマにつながります。

 私は生まれ育つ中で人としての社会性が芽生えるとともに、今まで「人として」人生を開こうとしてきました。自分の理想とする自分でありたい、理想とする生き方をしたいと思い、そのためにどうすれば良いか思索し、そのように生きる挑戦をしてきました。それは間違っていることでもないはずなのに、なぜか息苦しさを覚え、本来の自分を否定したり押し込める生き方となっていきました。そんな私がツインレイの片割れと再会した時、本来の自分を抑えることに限界がおとずれました。それは今思えば、再会したから限界がきたのではなく、本来の自分を抑えて生きることが限界な自分になったために迎えた再会なのだと今は わかります。

f:id:havealight:20200704173950j:plain

本来の自分を思い出す

 生まれた頃は本来の自分で生きていたはずですが、その自分ではこの世界を生きづらく、ずっと本来の自分を封印して生きていたのだと思います。けれどもそんな日常の中では私は本当の幸せを実感することができずにいました。それは、本来の自分の幸せよりも家族や周りの人々や社会に合わせること、それらの幸せや安定・調和を優先した生き方だったからです。

 

 私とツインレイの片割れとの出会いは、私がそんな周りの幸せや社会の常識とする安定や調和を優先して生きる人生に限界を感じた時におとずれました。今思うと出会ったその瞬間から覚醒は始まっていたのだとわかります。それは今の私がツインレイという概念や存在を理解し、日々実感しているからです。けれども当時の私はツインレイという言葉さえ知らず、当時の自分の人生を維持することが本当の自分の生きる道だと思っていたため、無理に無理を重ねてその人生を維持しようと努力・挑戦していました。その努力・挑戦をすればするほど本来の自分から遠ざかり、心身ともに病んでいきました。そしてその人生で生きることの限界を迎えた頃、片割れと再会し、本格的な覚醒が始まり、本来の自分を取り戻す日々が始まりました。それが私の覚醒と次元上昇(アセンション)の軌跡です。

 

地球のアセンションとは この世界が本来の自分で幸せに調和する世界へシフトすること

 

 今、私のように個人で覚醒・次元上昇を自覚し始めた方が多数現れる時を迎えています。その自覚のある人は、本来の自分に向き合うことや、本来の自分を取り戻すことに意識が向き始めていることでしょう。それはこの世界の自然な流れであり、宇宙のリズムや流れに調和していることの現れでもあると思います。そしてそれこそが地球のアセンションの時の到来を告げるものです。

 

 私はずっと、「アセンション」「次元上昇」などということは精神世界を語る人たちの特別な思考・思想・概念だと思っていました。それらは よくわからない現実離れした発想だと思っていました。そんな私が片割れと出会い、再会する中で「覚醒」と言われる経験をし、「これは何事???」と驚きと不安に駆られてインターネットや書籍などで自分の経験したことを検索したところ、それが「覚醒」というものだと気づきました。そして覚醒しながら自分と向き合う中で、本来の自分を取り戻す過程を経ていくうちにそれが「次元上昇」というものだと気づきました。元々「アセンション」したいとか「覚醒したい」とか望んでいたのではなく、自分がそういう過程に生き始めて自分の状態を認知したらそれが「アセンション」「次元上昇」「覚醒」であったということです。「ツインレイ」の言葉すら知らなかった私が、自分におとずれた現象を調べる中で「ツインレイ」という概念を知り、次元上昇するうちに自分と片割れがツインレイであるということを自覚し確信を深めてきました。

 

  宇宙と自分自身の調和

 片割れと再会した頃に知った占星術のブログにある星の動き(前出)と自分の覚醒が連動していることも、そのブログを読み始めて気づきました。そのブログを読まないでいて後日読んでみると、星と同じ動きをしていたとわかることもしばしばです。そして覚醒して本来の自分を取り戻した今、私の感じるエネルギーの流れやメッセージが、星のそれと同じであることもわかりました。なのでこのブログでその占星術を基にしたお知らせをすることと、私の感じている宇宙・この世界のエネルギーの流れまたは受け取っているメッセージはほぼ同じであると言えます。

 

f:id:havealight:20200704174301j:plain

生きる世界を選択する意識が自分の生きる世界と人生を変える

  今の自分の意識と決意が未来を作る

 

 同じ現実であっても、それに対する認識が変わると自分の現実が変わります。物事の捉え方が変わると、それに対する自分の感情も変わります。感情が変わると思考も変わります。思考が変わると言動が変わります。言動が変わると、周りの自分に対する反応が変わります。そうすると自分の目の前の現実が変わります。自分の意識が現実を変えていきます。意識が広がり物事を捉える視点が高くなることで、生きる次元が上がることを西洋思想では「アセンション」「次元上昇」と言います。また東洋思想では「依正不二」「現当二世」と言います。自分の意識が変わるとそれに連動して現実が変わるということです。また、「過去」はその「今」を招いた原因であると認識し、「今」が「未来」を創るという認識で「今」をどう生きるか責任を持つ生き方が「現当二世」の人生です。それは過去のカルマや因縁と言われるような、自分や先祖の過去の行いがどうあろうとも、現在を自分の生きてきた結果であると真摯に受け止め、反省や学習をしたら、これからどういう人生を生きたいのかを明確にしてその人生に合う現実を生きるという生き方が「現当二世」の人生です。

 

 本来の自分で生きることは、観念や概念に関係なくリラックスして幸せな自分の人生を選択することです。それは自然な自分のありようであるため、宇宙(世界)の中での自然な自分の姿です。なので宇宙(世界)と調和した存在でいられ、それは本来の自分らしくリラックスして健全で幸せを受け取る人生に繋がります。

 本来の自分の幸せな世界とは、自分が無理をせずありのままで幸せでいられる世界です。自分の幸せな次元がどこであるかで、人それぞれ幸せな人生も違います。幸せな次元とは幸せを認識する視点とも言えます。人それぞれ、どの視点で物事を捉え認識するかが違います。自分の自然な視点で物事を捉え認識してそれに合わせた人生の選択をするとき、人は本来の自分に合う幸せな人生を生きることが可能となります。

 

 本来の自分を思い出すことは、自分の本来の幸せな世界を知ることでもあります。その世界を生きると決めた時に意識はその世界へシフトし、その世界に合わせた言動をすることで生きたい世界にグラウンディングします。

 

 本来の自分が幸せなことを選択する

 

 私は幼少の頃から自分と世界の幸せの区別があまりなく、周りの幸せが自分の幸せであったりしてきました。本来の自分を思い出し、その自分を尊重できた時に、自分を大切にすることができて、ようやく私は世界の幸せと同じに自分らしく幸せであることを受け入れることが自然である人生へシフトすることができました。

 まずは本来の自分が幸せであることを選択する。それが幸せで調和した世界に生きることにつながるということを、私は彼と再会して経験することができました。

 これはツインレイと出会った私だけの経験ではなく、人は それぞれのタイミングで「本来の自分」を思い出し、その自分で生きることを自分に許可する時がおとずれます。その時がきた時に「本来の自分としての人生」を選択するもしないも一人一人の自由です。ただ私が今言えることは、本来の自分で幸せな人生を生きることは、この宇宙(世界)と調和した自然な理であるということ、そして今この時、宇宙の流れは、あなたが本来のあなたの幸せな人生にシフトする後押しをして追い風となっているということです。

 

 どんな人生を生きるも、いつ本来の自分を取り戻してその自分での幸せで健全な人生にシフトするもしないも、あなたの心一つです。本来のあなたを大切にすることは この世界の最善です。それはあなたの生命を大切に尊重することであるからです。だから宇宙はあなたが本来の自分を取り戻して幸せに生きることを後押しするのです。

 

 コロナビフォーアフターが言われるこの時、人々の意識の変化とともに世界のシステムや思考の流れも変化しています。それは地球全体のアセンションの時の到来、世界の意識の次元上昇へ向かう時であると私は認識しています。意識あるものの自然の流れであると思います。生命は成長し、それは変化を伴っていくものだからです。

 

 本来の自分のアイデンティティーでグラウンディングする時

 

 星の動き、宇宙の流れとしては、6月30日・7月1日にエネルギーの大きな変化があり、宇宙エネルギーは私たちの最高の善である完全な調和を回復するために働きます。それは今までの「カルマパートナー」との関係の解消など、自分自身の課題からの卒業、今までのロウアーセルフの自分の解放、卒業の時です。それは過去を解放し、明るい未来を開く人生の始まりの時と言われています。7月5日には6月初めからのチャプターが終了し、自分自身のアイデンティティーの見直しと、新しい人生を生きる自分としてのグラウンディングの時です。それは個人や集団として、自分自身の人生の作成者であることを自覚し、受け入れる時でもあります。そうして本来の自分を思い出し受け入れることで自分自身が癒されます。それは新たな力となり、本来の自分を取り戻して生きる人生を開くでしょう。今週の強力なエネルギーを活用して、行動を起こす時、あなたの現実の日常があなたに優しい明るい未来へと開けていきます。生きたい世界を実現するための自分自身の選択と調整の時です。

 

 あなたは今これからの世界を、今の自分自身が生きたい世界を、創ることができます。変化は先行きが見えないぶん不安を伴います。本来の自分の可能性を信じること、生命の可能性を信じること、それが生きたい自分の世界を創る力となります。「本来の自分が生きたい人生を生きる時」は、あなたがそう生きると「決める」ことから始まります。