ツインレイ自分らしく幸せに生きる

   ツインレイとして生きる私の人生の軌跡。このブログが自分らしく互いを尊重して幸せに生きる人生の、道しるべになれば幸せです。  

ツインレイ生きたい現実にシフトする

 先日私は、新しい次元にグラウンディングしたとお伝えしました。

 今日は私が生きたい現実にシフトしたことを例に、生きたい人生を生きるために必要なことをお伝えしたいと思います。

 ここでお話しする「次元」という言葉は、アセンションという概念に伴って使われている言葉です。スピリチュアルな世界観の中ではよく「次元上昇」とか、「ツインレイは5次元で統合する」とかいわれています。 

 

 ☆次元上昇の旅へ

 私は ある一人の男性と出会い、ツインレイとして本来の自分を取り戻す人生が始まりました。私の「本来の自分」は家族や世間に受け入れられないことが多くて生きづらかったため、ずっと封印されていました。それが彼との出会いによって、どんどんその封印が解かれることになりました。

 出会った頃はツインレイという言葉さえ知りませんでした。ただ彼とは出会った瞬間から、体感を伴った離れがたい存在でした。それがなぜだかもわからず、お互いにとてもとても苦しい思いをしてきました。

 けれども彼が私に本心を伝えてくれた時(再会の時)から私の覚醒が始まり、封印されていた本来の自分がどんどん解放され始めました。それは同時に次元上昇の人生の始まりでもありました。

 

 

☆彼との出会いから

 私が人生において愛に失望して自暴自棄になっていた時(1、2次元)、彼と出会いました。そして私は当時の状況から「自分と彼が一緒に生きること」を許可できず、彼と別々の人生を生きなくてはならないと思って辛く苦しい時間を生きていました(分離。3、4次元)

 けれども私が本心から彼の幸せを願って無条件の愛に至り彼へ働きかけた時に、彼は私に隠していた本心(本当は出会った時から今もずっと愛している)を告げてくれました。その時から二人は無条件の愛(5、6次元)を自覚し、ツインレイの人生が始まりました。

 それから私は彼への無条件の愛に生きることで、どんどん自分のトラウマやネガティブな感情、執着やこだわりなど、3次元の意識を手放していきました。

 そして2018年のクリスマスの夜に、彼の無償の愛(無条件の愛)を信じて、3、4次元のエゴ(分離意識からの恐れ)意識を全て手放すことができました。(5次元にグラウンディング

f:id:havealight:20200320224859j:plain

 それからの私は、5次元を基盤にして「ありのままの自分で幸せに生きる世界」を広げていく意識で生き始めました(7、8次元)。彼の無償の愛を心から信頼して受け入れた私は、「無償の愛(ありのままの自分と他者を尊重して大切にすること)を広めること」が自分の志だと気づいたからです。(ライトワーカーとしての自覚。7、8次元)

 

 

☆共感力とグラウンディング

 私は7、8次元の意識から世界へ働きかけました。けれども私は負の感情や思考で生きる人たちのエネルギーに圧倒されてダメージを受けてしまい、心身ともに疲弊することが多く、どうすれば良いのか悩みました。私はもともと共感力が高い上に無防備であったため、人のエネルギーに共感して負のエネルギーを取り込んでしまうと心身が大変疲弊してしまっていました。

 私は「こんなことでは自分自身の健康と幸せな人生を保持できない、どうしたらいいのか?何が間違っているのか、足りないのか?」と悩みました。

 そして気づきました。自分の生きる意識の次元はどんどん上昇している(1、2→3、4→5、6、7、8次元)のに、現実を捉える意識が上昇していなかったことが原因だと。物理世界への意識が、自分の生きる上昇した次元に合わせてグラウンディングできていなかったのでした。

 

 それまでの私は自分の意識が上昇しても、「自分の志である " 無償の愛(ありのままの自分と他者を尊重して大切にすること)を広めること " のために伝えたい相手の人と意識をリンク(同苦)する必要がある」と思っていました。そのために相手の意識に共感して心身ともに疲弊してしまっていました。

 それからの私は高次(9次元以上)に意識を置き(グラウンディング)、必要とする人に届くことを願いながら自分の志を発信しています。

f:id:havealight:20200413093607j:plain

生きたい現実にグラウンディングする



 

 意識の上昇にグラウンディンングを伴わなければ、物理世界(現実)を生きづらくなります。グラウンディングをしっかりしていれば、多次元に影響されたり疲弊したりすることがなく、自分らしく生きたい世界で生きることができます。

 

 共感力の高い人は、人混みに弱かったり、弱っている人のエネルギーに同調してしまうと自分も同じ辛さを感じたりしがちです。そんな人は、パワーストーンを身につけたり、祈祷やエネルギー調整を他者にしてもらったりする人も多いかと思います。それは自分の力ではなく何かに依存して自分のコンディションを保つということ。依存するもの(物・者)に左右される人生となります。気休め程度ならまだしも、依存先によっては、かえって生命力を奪われる場合もあります。エネルギーは一方的に与えられて依存するのではなく、循環して調和することが自然の摂理です。(エネルギーの循環の話はまた別の機会にお伝えできればと思います。)

 もともと人には自らを癒し、元気付ける力が備わっています。それを自覚して引き出すことが自立して健康で幸せな人生を維持することにつながります。

 生きたい次元(世界・人生)を自覚して、そこに意識を置いて生きることで、生きたい現実に根ざして生きることができます。

 どの次元(世界・人生)に生きたいかは人それぞれの自由です。なんとなく世間に流されて「人生こんなもんだ」と受け身でいると、本当に生きたい次元(世界・人生)ではないところにグラウンディングして不本意な人生を生きることになります。

 

  

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 あなたの毎日が、リラックスして健康で幸せでありますように願っています。