ツインレイ自分らしく幸せに生きる

   ツインレイとして生きる私の人生の軌跡。このブログが自分らしく互いを尊重して幸せに生きる人生の、道しるべになれば幸せです。  

ツインレイアセンションとグラウンディングは心に寄り添うことから

 前回の記事では「統合する次元」や「物理的な次元」についての詳細を述べました。今日は生きたい次元にシフトするために必要なことや、次元ごとの具体的な人生についてお話ししたいと思います。

 

前回の記事はこちらです。⇩

havealight.hatenadiary.jp

 

 自分らしく幸せな次元がどこかを知り、その次元で自己統合するために、前回の記事で縷々述べましたことを参考にしていただければよいかと思います。

簡単に述べますと、各次元はこのようなものです。

 

☆3、4次元・・・分離意識の次元。個人としての幸せの確保と追求の次元。社会通念に根ざした自立の意識で生きる次元。

 

☆5、6次元・・・ありのままの自分を認め受け入れて、その自分で生きることを許可して本来の自分の幸せを尊重して生きる次元。(自己統合:自身の女性性と男性性の統合)自分も他者も本来の幸せを尊重する次元。

 

☆7、8次元・・・自分も他者もありのまま尊重して、共に協力して幸せで平和な世界を目指す次元。

 

☆9、10次元・・・世界を見守り応援する次元。

 

☆11次元以上・・・世界を見守り愛を送る次元。ワンネス、宇宙意識などの次元。

 

 どの次元が自分にとって居心地が良いか、本来のありたい自分でいられるか、生きたい人生か、人それぞれだと思います。次元に良し悪しはありません。ご自身の一番得たい時間や物事がある次元が、自分らしく幸せな次元であると思います。

 

 私はツインレイの片割れと出会い、自分と向き合う日々の中で次元上昇していきました。

それは本来の自分を取り戻す道程でもありました。私は片割れと共に生きることを目指して自分の中にあるトラウマやエゴから来る恐れやネガティブな思い込み、こだわりや執着を手放して、どんどん次元上昇(アセンション)していきました。その道程はとても辛いものでしたが、本来の自分でいられる次元にシフトしてその次元で物理世界にグラウンディングした今は、心身ともにとても楽で軽やかになり、自分らしく幸せに生きる日々を送っています。

 

  具体的な意識として

 

 3、4次元の意識では、自分と他者を個別に捉え、自分の幸せの確保が一番優先される意識となります。「自分」というカテゴリーの中には、自分の家族、自分の所属する仕事や職場、自分の所属する社会(地域、市町村、国家など)といったものも含まれます。

 生存や安全の欲求を満たすことはもちろん、自己実現などもその意識の中で行われます。

 それは自分と他者を区別して、物事を得る得ない、奪う奪われるといった対立を生みます。

 広い意味でサバイバル、自己の生存・繁栄のために生きる意識です。

 人は長らくこの意識を主流としてきました。それは競争社会を生み、文明や様々な技術の発達や変化を促してきました。

 

 5、6次元の意識では、自己統合をしたため、ありのままの自分を認め受け入れており、それが他者をありのまま尊重する意識を生みます。ありのままの自分を受け入れ認め尊重することで、自分を大切にし自分に愛を与えることができるため、それを他者にも認め、他者をあるがまま受け入れ愛する、または尊重することができる意識です。

 それは他者から得る得ない、奪う奪われるということのない意識です。なぜなら自分はあるがままで良いと認めているからです。

 

 7、8次元の意識では、自分も他者も共に、より安心安全で幸せに快適に生きることを目指します。お互いを搾取するのではなく、協力して共に栄えようとする意識です。

 

 9、10次元の意識では、自分は既に満たされ地球全体を愛し見守り応援するため、どの命も等しく慈しみ、力になろうとする意識です。

 

 11次元以上の意識では、地球という存在にただ愛を送り、そして地球を含めた世界全体と意識が一体となります。全ては自由自在で調和しています。

 

 さて、あなたはどの次元が一番居心地が良いでしょうか?

 その居心地の良さは、今まで慣れ親しんできたことからのものでしょうか?それとも本心から幸せを感じるからでしょうか?

 あなたの生きたい次元はどこでしょうか?

 それは今の自分と合致したものでしょうか?

 もしもあなたの生きたい次元と、今いる次元が異なるなら、あなたの生きたい次元に人生をシフトすることは可能です。

 

f:id:havealight:20200613220518j:plain

あなたが生きたい次元は?

 

  あなたが生きたい次元はどの次元?

 

 もしもあなたが今、生きたい次元ではない次元で生きているとしたら、生きたい次元にシフトするために、まずあなたが生きたい次元がどの次元であるかを自覚します。

 あなたはどの次元で生きたいですか?

 あなたはなぜその次元を生きたいのでしょうか?

 あなたがその次元に生きることは、あなたにとって幸せなことでしょうか? 

 

 これらの問いの答えが、「それは ありのままの本来の私の幸せな次元である」というものなら、その次元に意識をシフトして生きることで、あなたの人生での満足や学びがあると思います。

 

 けれどももしその答えが、「それが理想だと思うから」とか、「あるべき自分、目指すべき自分の次元だから」というものであるとしたら、それは本来の自分が欲している幸せな次元ではないかもしれません。それは社会通念や常識といった今まで生きてきた中で身についた思考の癖から生じた答えかもしれないからです。

 

 社会通念や常識に従うことが悪いというわけではありません。ただ、疑うことなく当たり前としている自分の価値判断の基準が、本来の自分の幸せの基準とは異なっているかもしれません。

 

 本来の自分の幸せを基準にするということは、本来の自分をありのまま認め受け入れて大切にするということです。それは生命を大切にするということです。

 社会通念や常識は時代と共に変化してきました。時にそれらは、生命よりも優先すべきものがあるという意識も含んでいます。それが現代社会では例えば過労死や理不尽な労働を強いる社会の存在などを生んできました。

 個人で言えば、法律が男女平等や個人の自由を尊守しても、男性だから女性だからという社会通念から、個人の希望する仕事に就けない、または他のことを優先する義務を生じるなどといったことが生じることがあります。

 

 もしもあなたの生きたいと判断した次元が、それらの社会通念や常識からくるものであれば、今一度「それは自分の本当に望む幸せな次元か?」ということに思いを巡らせてほしいと思います。

 

 

  生きたい次元にシフトするには?

 

 あなたの生きたい次元を認識、自覚できたら、その次元に生きることを自分に許可します。

 そして今までの次元の物事の捉え方、思考の癖を、生きたい次元のそれらに上書きしていきます。

 今まで生きてきた次元での物事の捉え方と、生きたい次元での物事の捉え方は一つ一つ違います。それらの物事の捉え方を生きたい次元に、思考と感情を連動させます。

 

 人は無意識に瞬間瞬間に物事を判断して、それに伴って感情が動きます。

 生きたい次元に生き始めたら、自分が本来の自分を取り戻して、今までよりもリラックスしたり充実したり、幸せな気持ちになると思います。自尊心も高まるでしょう。

 生きたい次元を生きると決めたのにもし、そんなふうにならないとしたら、それは今までの思考のままでいることが原因かもしれません。生きたい自分の思考を意識して、思考の癖を上書きすることが必要です。思考が上書きされれば、それに伴って感情も変わります。

 慣れないうちは思考と感情とありたい自分がバラバラで、不安や自信喪失、諦めの気持ちなどが出てくるでしょう。けれども一つ一つ、物事に対する意識を変えることで思考を上書きしていけば、感情も安定して、生きたい自分を生きる日々が訪れます。焦らないで、一つ一つ自分の気持ちを見てあげてくださいね。まずはどんな自分も否定しないで受け入れて、あるがままの自分を認めて抱きしめることが必要です。

 

f:id:havealight:20200613220058j:plain

あるがままの自分を抱きしめる

 

  幸せに生きるために一番大切なことは

 自分も他者も、生命が一番大切であるということ。

 それを忘れずに尊重することができれば、どの次元に生きても、自分も他者も元気で幸せに生きる世界は実現できます。

 それは、すべての存在は本来ありのままで自由自在で強く美しいということ、その存在が調和して平和で幸せな世界が広がるということを、心から信じ、それを物事の価値判断の基準にしていくことが、幸せに生きるために一番大切なことです。

 以前書いた記事でも述べましたが、生命の根底には「あるがままで幸せに生き抜く生命力」「平和に調和する性質」があります。それを信じ、自分や他者の生命の可能性を信頼して生きる時、すべての次元で自分も他者も尊重して元気に幸せに生きる人生を実現していくことができます。そしてそれは、平和で調和のとれた世界の実現につながり、安心して自由に生きることのできる社会の中で生きる人生をも実現していく大きな一歩となります。

 

(以前書いた記事はこちらです。⇩ )

havealight.hatenadiary.jp

 

 

 このように自分らしく幸せな次元がどこかを知り、その次元に意識を置くことで、生きたい次元の人生を生きることができます。次元に合わせた思考の上書きによって、生きたい次元にグラウンディングしやすくなります。

  生きる次元は、本人の心をどの次元に置く(グラウンディングする)かで決まります。本人の心が変わると、生きる次元(現実)も変わります。目の前の物理世界は何も変わっていなくても、物事の見え方や捉え方が変わるため、本人の認識する現実は変わります。

 

 私は以前記事で、" 次元上昇しても、意識がその上昇した次元にグラウンディングしていなければ、その次元で生きることはできません。自分の生きたい次元に意識を合わせてその意識での言動をすると、自分にあった現実になっていきます。"と述べました。生きたい次元に合わせた思考が感情を変え、その結果自分の発する言動が変わります。そうして生きたい次元に合う自分に変わっていき、生きたい次元にグラウンディングします。

 

(以前の記事はこちらです。⇩ )

havealight.hatenadiary.jp

 

  思考も感情も無理にコントロールしないで

 

 ここで気をつけていただきたいことは、生きたい次元に合わせた思考をしようとするときに、違和感があり、心がざわつくとか、平静でいられないとかであるなら、それは観念からの「生きたい次元」の判断であるかもしれないということです。

または、「生きたい次元」に合わせた思考と思っているものが、実は本心を守るための偽りの思考である場合もあります。

 無理をして思考を変えることは危険です。

 それは精神に無理を強いることであり、本来の自分から遠ざかることです。それは心身の病や不調の原因になりえます。決して無理はしないでくださいね。

 生きたい次元が本心からのものであれば、その心のざわつきがなぜ起こるのか、自分の心に寄り添い話を聞いてあげること。まずはありのままの自分の気持ちを受け入れること。遠回りなようでもそれが一番必要なことであると思います。けれどもそれは大変辛い作業かもしれません。とても辛いけれども、生きたい人生にシフトしたいと心から願うのであれば、信頼できるカウンセラーや専門医の元で挑戦することをお勧めします。

 

 生命の可能性を信じて、ありのままで幸せに生きることが本来の生命の姿です。その生命の可能性を信頼した上で、自分の心に寄り添ってあげることが、幸せな人生、生きたい次元にシフトするために一番大切なことです。

 心は玉ねぎの皮のように、何層にもなっています。これが自分の本心だと思い込んでいることも、それを実現しようとするときに不安や焦燥などのネガティブな感情に襲われるなら、それはその心の奥に、見つけて欲しがっている自分の心が存在しているということです。

 思考も感情も決して無理にコントロールしないでくださいね。無理は新たな無理を生みます。

 焦らず、一つ一つ自分の心を見てあげることが、生きたい人生を元気に幸せに生きる道に続きます。それが生きたい次元にシフトする道でもあります。

 

 

 そうして本来の自分で元気に幸せに生きる次元にシフトしたときに、その幸せな自分に合う人たちとの出会いや、新たな人間関係が生まれていきます。あなたが心から望むなら、それが最愛のパートナーとの幸せな人生の始まりとなるでしょう。