ツインレイ自分らしく幸せに生きる

   ツインレイとして生きる私の人生の軌跡。このブログが自分らしく互いを尊重して幸せに生きる人生の、道しるべになれば幸せです。  

ツインレイからあなたへ心の師となり本来の自分へ

 新しい時代の始まり

 新しい時代の幕が開きました。今までの自分を過去に置き、新しい時代を本来の自分に戻って、軽やかに自由に幸せな世界を生きる時の到来です。

 

 クラウンチャクラのアップグレード

 はじめに占星術からのインフォメーションをお伝えします。

 

 2020.6.23〜11.28 私たちの信念、霊性、直感のアップグレードの時。あなたの生きたい人生にシフトする時です。

 2020.6.25 あなたの望む人生に合わないものを手放す時がおとずれました。

 2020.6.27 新しいサイクルの始まり。あなたの生きたい次元で、生きたい次元の人たちと共に生きる時の到来です。あなたが本来のあなたを現実世界で顕し、本来のあなたが生きると決めていた人生を創造し、そのための変化を起こすのに良い時です。今、自分自身の本望を思い出し、生きたい人生を生きると決意して、行動する時が訪れました。それは最高の善。カルマの解放の時です。

 自分のやりたいことをやる時。男性ツインレイも再起動する時です。あなたが望むことがあなたの今世の使命となりえます。それはあなたが本来の自分に立ち戻り、あなた本来の幸せな人生を生きると決めることから始まります。

  これは宇宙のリズム。調和した世界を自分らしく幸せに生きたいと願うならば、今この時がチャンスです。宇宙のリズムは今、あなたの本当に生きたい人生の追い風となっています。

 

ここまでの参考ブログはこちらです。⇩

https://www.twinflames1111.com/blog/weekly-energy-update/22nd-28th-june

 

 ではそのためには具体的に何をどうすれば良いのでしょうか?

 

 生命の可能性を信じる

 自分らしく元気に幸せに生きるために一番必要なこと、それは自分の生命の可能性を信じることです。

 今までの世界では、目の前の現実を見て、状況を判断し、それに合わせてベターな生き方を選択することが多かったと思います。それは自分と他者や周りの状況を照らし合わせて、自分の可能と思う範囲で最善と思う選択をすることだったでしょう。

 けれどもそれが「生命の可能性を信じる」ことができないで、目の前の状況に合わせて判断であったなら、それはどこかに「今あるものを損失するかもしれないという恐れ」や「最善になるかどうかわからない不安」を伴うものであることが多かったと思います。それは言うなれば「心を師とした」状態です。それはエゴの声を聴き従う判断です。エゴの声は他者と分離した自分を守ろうとする防衛本能から発せられます。それに従うも従わないも、「心の師」となって判断することが、本来の自分の幸せにつながります。

 

 恐れや不安からの判断は、新たな恐れや不安を生みます。それに囚われて、本来の自分の望むものを選択することに恐れや不安を抱き、躊躇して、慣れ親しんだ、または周りのみんなが選択しているものを選択することで、永遠に本当に望む自分の行きたい世界へスフトできずにいる。それが今までの人生や世界であることが常である時代を経て、今、生命の可能性を信じる「心の師」となる時代が到来しました。

 

f:id:havealight:20200628230909j:plain

新しい時代の到来

 

 生命は調和する

 生命は本来、調和した存在です。恐れや不安が多い状態では、生命もその状態に調和します。するとその生命に合わせた世界のバランスとなり、恐れや不安に満ちた世界が構築されます。人間の恐れとは、生きること、老いること、病(心や身体、社会の病)、死にゆくことへの恐れであり、不安はそれらに対する自分自身の無力感からおとずれます。

 

 生命の可能性を信じるとき、人は自分や人間の善性を信頼することができます。その信頼からの判断や選択は、安心と覚悟を生み、結果として現れた現実を最善のこととして受け入れることができます。それが自分の欲しい現実と合わないなら、その時点でのそれは最善であり、そこから現実の見直しをして軌道修正して、望む幸せへ向かうことができます。

 

 現実の見直しは、自分の心がどこを向いているかを見直すことから始まります。自分が望む幸せではない結果がその時の最善だとするならば、それは自分の心が恐れや不安から選択したことの結果であったり、生命(ありのままの自分や他者)を尊重したり受け入れることをせずに無理をしていたことの結果であることが多いと思います。それに気づくための結果であると受け入れた時、現実の見直しが完了し、もう一度そこから生命の可能性を信じ直しての選択をしていくことで、本来の自分らしく望む幸せな人生へ軌道修正することができます。そしてそれは自分の行きたい次元の世界に自分の人生がシフトすることにつながります。

 それらのことを世間では「カルマの解放」「次元上昇」「エゴの手放し」、または「トラウマの解消」「インナーチャイルドの癒し」「自己肯定」「自己実現」などと言うことが多いですが、ありのままの自分で本来の生きたい人生を生きるためには「心の師となる」ことが重要です。

 

 様々な師や処方箋との出会い

 人は自分に自信がなく、現実を早く改善したいときに、他者やツールの力を頼みにして現実を理想に近づけようとしがちです。それらの存在は医者、カウンセラーやセラピストをはじめ、コーチ、メンター、ヒーラー、チャネラーなど多岐にわたります。またそれらが紹介するツールや物品、薬やホルスティックなものなど様々なアイテムがあります。

 人はそれらを自分の心身の健全な状態を得るため、または望む幸せな状態を得るために求めがちです。それらはそれぞれの役割があり、一概に否定したり肯定するものではありません。それらを正しく利用できれば、あなたの求める本来の自分の幸せへのプラスになることがあるでしょう。

 けれどもそれらを利用するときに気をつけるべき大切なことがあります。

 それは「心の師となる」ことです。「心の師となる」とは、まず自分自身の生命の可能性を信じること。それは「ありのままの本来の自分自身で、心身ともに健康で幸せに生きることができる」ということを自覚し信じることです。そして「ありのままの本来の自分自身で、心身ともに健康で幸せに生きることができる」ということを基準にした判断をし、その通りに選択・行動することでが「心の師となる」ということです。

 それなしに頼みとする存在のいうことを鵜呑みにして従うことは、「その人が言うことを信じていれば幸せ(楽)になれる」と依存することです。自分の生命の可能性を信じきれずに他者に従うことは、恐れや不安からの行動であり、それは新たな恐れや不安を生み、解決したと思ったらまた新たな悩みや病に陥るということになりかねません。

 信じる相手や物事を判断し、活用するには、まずは自分自身の命の可能性を信じることが大切です。それなしでは自分以外のものに依存し「心を師とする」人生となっていきます。

 

f:id:havealight:20200628231159j:plain

心の師となる

 

 心の師となること

 自分の生命の可能性を信じること、そんな本来の自分で幸せに生きることが自身の人生と世界にとっての最善につながります。(なぜ最善につながるのかは、また後日記事にしたいと思います)自分自身の可能性を信頼することは、最善の人生へ向かい自立した健全で幸せな人生に必要なことです。それなしでは、人は他者や自分以外の物事に依存したり、常に悩みな不安、不満の中で生きる人生になりがちです。これについてはまたの機会に具体的にお話ししたいと思います。

 まずは本来の自分自身の生命の可能性を信じること、それが健康で幸せな人生にとって非常に大切なことです。

 

 地球全体が次元上昇するこれからの時代、宇宙と調和してその追い風と共に、本来のあなたらしく元気に幸せに生きる次元へ上昇する時が到来しています。まずは自分と他者の生命の可能性を信じて、本来の自分の生きたい人生、生きたい世界がどんなものであるかを思い出してみてくださいね。

 私は、「あなたがあなたらしく元気に幸せに生きることは世界の喜びであり、最善である」ということを信じて、その実現を心から願っています。